中学受験コース

 

小学生のための
最難関中学合格コース早稲田大学高等学院中学部

早稲田実業学校中等部に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても早稲田実業学校中等部に合格させます!

国語

例年、論説文1題・小説・随筆1題の計2題で構成されています。
文章量は7000〜9000字ほどで総解答数は30問弱、漢字の書き取りが6,7問とその他の知識問題が数問みられる以外は、長文読解がほとんどを占める読解中心の試験となっています。
設問形式は選択肢問題が11,12問、記述問題が2,3問、残りが抜き出し問題といった割合で、年度により整序問題なども出題されています。

長文読解

素材文は論説文が2500〜3000字程度、小説・随筆が5000〜6000字程度と、後者の方が文量は多くなっていますが、設定やストーリーが受験生にもわかりやすい話が多いです。一方論説文は難しい用語や概念も使われ、難易度はやや高い印象です。
選択肢問題は字数も少なくシンプルなものが多く、内容も変に迷わせるような複雑なものではないので、しっかり得点していきたいところです。
それと比較して抜き出し問題と記述問題はやや難しいものが多いです。字数指定はあるものの、答えを探す範囲の指定はなく、「本文全体をふまえて」といった条件が付く場合もあります。傍線部の近くに答えがないことも多いので、要領よく解答しないと時間切れになる危険性があります。本文のどこに何が書かれてあるかを素早く的確に把握する必要があります。

論説文

上で述べたように形式段落と意味段落の整理が重要になってきます。意味段落の内容を小見出しのようにつけておくと後でわかりやすいでしょう。2016年度ではまさにそのような問題が出題されています。
抜き出し問題や記述問題の答えは要点や要旨から見つかることが多いです。各段落の最初と最後に注意しながら線を引いて要点を目立つようにしておき、細部と区別し、最後に要点をまとめると全体の要旨を読み取りやすくなります。

小説・随筆

解答をどこから探すかの大きな手がかりとなるので、時間・場所・登場人物の移動などから場面の変わり目を見つけて印をつけるなどして、場面の整理を行いましょう。
人物の心情を考えるのも小説・随筆においては重要ですが、注意したいのが「自分ならこう考える・・・」といった勝手な解釈は絶対にしてはいけません。言動や情景などから、特に気持ちが変化した場面に注目し、心情を把握します。あくまで文中に書かれていること、暗示されていることを中心に考えます。
以上のような、長文読解の基本的な手順を素早く的確にこなし、同じところを何度も読み返して答えを探すような無駄な時間を費やさないように練習しておくことが重要です。

漢字・その他

毎年、漢字の書き取りは6,7題出題されますが、早高院中の偏差値からすると易しい問題が多く、標準レベルです。一般的な漢字教材を一通りしっかりこなしておけば心配ありません。
言語事項や文法では、品詞・三字四字熟語・慣用句などが数問出題されています。早高院中を受験するレベルの生徒であれば難しくはないでしょうが、漢字と合わせて知識問題も抜かりなく勉強しておきましょう。

算数

難易度の変化

高校入試において、早稲田大学高等学院はかつてより難関校として名を馳せていました。その中等部として、大きな期待のもと2010年に開設されました。
以来、高い倍率と入試問題の質で受験生に「狭き門」「高い壁」というイメージを抱かせており、現在は問題の質に変動はありますが、多くの受験生の憧れの的となっています。
まず、試験自体は量より質の学校であることを念頭に置きましょう。
早く問題を解くような機械的な作業というよりは、複雑な条件の問題にも対応できるような柔軟な頭が求められます。
難易度の低い年度の問題にもその傾向は見られます。

基本は計算力

早高院中の問題ではじめに目に飛び込んでくるのは計算問題です。
受験生はその「問題適応力」に比べると計算力が貧弱であることが少なくありません。模試でも後ろの方の問題は正答するのに序盤の計算問題でミスをしてしまい、点数が伸びなかった経験がないでしょうか。
もし早高院中の過去問において計算問題の失点があるようなら改めて計算力を確認する必要があります。間違えるからには必ず理由があるはずです。
ひとつは分数や小数が混同されている問題において、「小数→分数」や「分数→小数」の変換がおぼつかない可能性が、もうひとつは特殊な計算問題における、計算法のテクニック不足が考えられます。
割合や速さの問題と同様に、計算問題もしっかり取り組む必要があります。放っておいても、いつかできるようにはなりません。いい機会だと思って今一度しっかりチェックしましょう。
次に頻出分野の「平面図形」や「割合と比」「文章題」「速さ」などですが、こちらは早高院中特有の出題のされ方に注意しましょう。通常、過去問をたくさん解けば慣れてきますが、過去問が少ない上にレベルが一定ではありません。
早高院中も含め同じ系統の早実中や、併願校となるであろう立教新座中・明大明治中、(併願校にはならないかもしれませんが)早稲田中・海城中など少し手強い問題を出題する学校の過去問にあたっておくと良いでしょう。

基本マスター

過去問対策は秋になってからでも十分間に合うので、過去問対策より算数の基礎を固めていくことが重要です。
まずは、早い時期に解き方のベースとなるテキストに出題されている例題・典型的問題の解法に用いられる公式や解き方はすべて完璧にしましょう。早高院中のレベルになると、誰でも解ける問題は本当に誰でも解いてしまうのでここで失点してしまうと致命傷になります。
この3年ほどは、手が付けられないほどの難しい出題ではなくなりました。平成26年度以前はどうにもならない問題がいくつも出題されています。そういった問題を解く力というのは必ずしも努力によって身につくものではありません。
多少言い回しにクセがあっても、そこを乗り切りさえすれば解きほぐしていける出題に変わったのは合格への可能性を高めてくれる、大切なポイントになります。
ただ、合格点の上昇が予想されるため学校自体の難易度が低くなるわけではありませんので、対策していきましょう。

理科

大問1つあたりの出題数が比較的多いですが、このことは、ひとつのテーマに対して様々な角度からアプローチされることを意味します。したがって、受験テキストの重要テーマひとつひとつに対して、様々な視点に立って網羅的に学習しておきたいです。受験テキストで学習する際、「物理、化学、生物、地学」の4分野について、重要語句の意味や関連情報、科学現象の原理を丁寧に理解しておきましょう。語句を覚えるときは穴埋め問題や一行問題を解いたり、お家の人にクイズ形式で問題を出してもらったりすると効率が良いです。また、新しい内容が出てきたときは、自分で納得するまで図鑑・本やインターネットで調べたり、人に質問してみたり、自分で図を描いて考えたりする習慣をつけましょう。

社会

形式・分野

大問数5〜6、小問数50前後というのがほぼ決まった問題構成となっています。
大問のうち、3〜4つは500〜1000字ほどのリード文を読んでから答える形式で、残りは一問一答や長文記述などが割り当てられます。用語記入と選択問題では用語記入の方が多い傾向です。年度にもよりますが、1行記述や50〜100字ほどの記述問題が2〜4問出題されるのも通例です。
分野別では地理・歴史にウェイトが置かれ、政治経済分野はやや少なめの出題ですが、他の分野に混ぜて出題されることもあるためこの分野も手を抜かずに準備しましょう。
基本事項を問う問題が多いですが、小学校の社会では暗記しない事項や中にはテキストや資料集などに載っていないデータを考えさせる、いわば「社会科的センス」を問われるような難問も散見されます。
問題数も多く、文章量もあるので迷わずスピーディーに答えていかないと時間が足りなくなります。内容も濃く、スピードも必要なタフな試験となっており、高い実力が要求されます。

地理分野

国土と自然、各地域の農林水産業などの産業、人口統計を用いた問題などが頻出です。また、地域の特色に焦点を当てた問題が多く出題されるのも特徴です。「〇〇が××である都道府県」を選ぶ問題や、例えば2018年度では「おろし」や「だし」という局地風を題材にした問題が出題されています。その県や地域について、断片的ではなく総合的に正確にイメージできるくらい、深い理解が必要です。
地図や白地図、統計資料などを用いて各地の地形や気候、それに基づく産業の特色などを体系的に整理して覚えましょう。

歴史分野

各時代からまんべんなく出題され、大きな偏りはありません。まずは人物・位置・出来事について基本事項を押さえることが重要です。そして年表などで、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)のようなつながりをまとめるようにすると、より実戦的な力がつきます。
史料をもとに考えるような設問も見られるので資料集に載っている図版などは見慣れておくと良いでしょう。

政治分野

他の分野と比べると出題量が少ないですが、日本国憲法や三権分立の仕組み・働きなどの基本事項を中心として、国際連合や日本と関連深い国々についても目を通しておく必要があります。
時事問題についてもニュースで話題になったことなどは普段から注意してみておきましょう。

記述問題

記述問題は、用語や出来事を説明するものから、統計資料の数値を比べてその意味を答えさせるもの、ある史料から当時の人々の考えを推測するものなど、バラエティ豊富です。地理分野の選択問題や時事問題にも言えることですが、早高院中の問題には与えられたデータの意味を読み取ってそこから考えられる理由や結果を問う、といった少し難易度の高い問題も出題されます。
また、知識があるのは前提で、その持っている知識を応用して、あまり見慣れない資料の意味を考えさせるといった問題もあります。まずは、各分野の基本的・重要事項の問題を失点するわけにはいかないので、ミスしないようにしっかり定着させ、その上で、それらの知識を活用して、ニュースや新聞でみたさまざまな出来事の背景や他への影響について考察してみましょう。
「自分はもう中学生である」くらいの意識で社会的な出来事への関心を持っていないと、高得点は難しいといった試験です。ただし、極端な難問・奇問ではないので、あくまで正確でまとまった知識を身につけた上で少し深く考える習慣をつける訓練を積み重ねる必要があります。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学受験での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。過去問に取りかかれる時期は早く、小6の1学期から解き始めます。

小学生から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(A1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧