中学受験
サポートコース

 

小学生のための
中学受験サポートコースSAPIX(サピックス)

目標クラス到達、平常授業、家庭学習のフォローをします

SAPIXの特徴

SAPIXは、中学受験で難関校への合格を目指す生徒のために、洗練されたカリキュラムを武器に、御三家を中心とする難関中学への圧倒的な合格実績を挙げています。また、『マンスリーテスト』『組分けテスト』などの塾内でのテストの結果によって行われるクラス替えも多くあり、生徒のやる気に繋がるような指導をしています。独自の教材や指導システムにより一人一人に合わせて、きちんと向き合い着実に成長に導きます。単に、受験のためだけの勉強ではなく、受験勉強を通して、自分の頭で試行錯誤し、知識を絞り、学ぶことの楽しさを、授業を通して学ぶことができます。

SAPIXのクラスアップアドバイス

4年生のポイント
  • 算数と国語の基礎学力を身につける
  • 家庭学習(塾の復習)のやり方を身につける
  • テストの受け方を身につける

4年生は、中学受験を目指す生徒にとっては基礎学力の定着を図る大切な時期であり、5年生以降の学習の土台になります。本格的な受験勉強が始まる前に自分から勉強をやるスタイルを体に覚えさせ、ただ勉強するのではなく、理解不十分な単元を埋める勉強法を身につけさせましょう。また、毎回の塾内のテストでは、時間配分などに意識して臨みましょう。


5年生のポイント
  • 家庭学習(塾の宿題)が作業にならないようにする
  • 基礎事項で苦手な単元を作らないようにする
  • マンスリー確認テスト対策を重視する

5年生になると、4年生の時と違い、授業数も増え、学習内容も難化し、量も増えます。それにより、家庭での学習時間のほとんどが宿題をする時間になっていきます。宿題をする時間を「作業」と思わずに、しっかりと取り組むように気をつけましょう。

5年生の学習は、基礎事項の理解・定着が最優先されます。やるべきことの優先順位を決めて勉強するようにしましょう。優先順位を立てた上で、基礎事項において苦手な単元を無くしましょう。

5年生で行われるクラス替えがあるテストは最重視されます。6年生になると、クラス替えをする機会が減っていきます。クラスアップを目指す生徒はしっかりと対策を練り、試験に臨みましょう。


6年生のポイント
  • 各種授業を通じて実践力を鍛える
  • 各種テストを利用し弱点分野の把握と克服を図る
  • 志望校を踏まえた上で学習内容の優先順位をつける

6年生になると、ほとんどの生徒が志望校を決め、そこに向かって勉強する生徒が増えます。それによって、授業内容も入試向けになり、実践的な内容になります。授業数も増え、土曜日には志望校別のプログラムなども始まり、9月以降は日曜日に『難関校SS特訓』が始まります。毎回のテストで明確になった苦手分野を解決していくことが理想ですが、全てを一度にやることが難しいのであれば、学習内容に優先順位をつけて、確実に一歩一歩進みましょう。全てをこなすとなると、定着したと思い込み、曖昧な単元が出てくる場合があります。

6年生の中盤以降は、志望校合格に向けた学習に取り組みましょう。

SAPIXの学習方法

SAPIX4年生の学習方法

SAPIX4年生の学習ポイント

4年生は、基礎学力をつける重要な時期で、5年生以降の学習の土台になります。SAPIXは、受験に向けた本格的な授業を展開し、豊かな発想力を自らの力で引き出せるように学習のサポートを行なっていることが特徴的です。学習環境・学習習慣により、受験にとって不可欠な「思考力」を高め、「家庭学習の習慣化」を定着させることを目的としています。
SAPIXの授業内容は、学年に関係なく、『授業中心・復習重視』のカリキュラムになっており、他の塾のように事前に教材の配布を行わずに、授業当日に教材の配布を行います。これにより、授業の予習を行うことができず、生徒はより授業に集中し、授業内容に真剣に耳を傾けることになります。そして、その後の復習が大切なことに生徒自身も気づくことができ、復習を重視することができます。

ⅰ.教材とテストを有効活用する

授業は、「デイリーサピックス」を中心とした講義形式で行われます。復習(家庭学習)では、当日受けた講義内容を「デイリーサピックス」で見直し、算数では「基礎力トレーニング」国語では「言葉ナビ」などのサブ教材を活用し、基礎力の養成と定着を図ることが重要です。また、各種テストも重要です。SAPIXには、沢山のテストがありますが、テストの結果に一喜一憂する必要はありません。「マンスリー確認テスト」「組分けテスト」は、学習プランの目標と位置付けになり、学習の励みになる効果的なものです。
「組分けテスト」は、1月・3月・7月の年3回実施され、その合間の毎月1回「マンスリー確認テスト」が行われます。通常の授業をしっかり復習し、テスト対策をしっかりと行い、着実なクラスアップを実現しましょう。


SAPIX5年生の勉強法

SAPIX5年生の学習ポイント

5年生になると、授業数も週3回となり、1コマの授業時間も4年生よりも長くなります。授業時間が長くなることで、集中力と緊張感の持続が大切になります。授業形式は、授業当日に配布される教材を授業中に演習し効率よく復習するというパターンは基本的には変わりません。したがって、復習(家庭学習)の重要性が必然的に高まります。
定期的に実施される「マンスリー確認テスト」・「復習テスト」・「組分けテスト」・「実力診断サピックスオープン」・「志望校診断サピックスオープン」を、学習の成果を見極める機会として有効活用することが大切です。

ⅰ.学習状況に見合った問題を取捨選択する

5年生になると扱う問題の難易度は格段に上昇し、さらに問題数も急激に増加します。その全てをこなそうとすると、そのボリュームに圧倒され、こなし切れなかった挫折感によるモチベーションの低下が起こりかねません。また、こなすことが目的の作業となり結果として学習の向上にはつながりません。特に算数では現時点でこなすべき「問題の取捨選択」が大切になります。お子様の状況を客観的に捉え、現時点でどこまでのことを理解している必要があるか、与えられた課題の中で必要最低限どの問題までは完答できるようになるのが望ましいかというように、それぞれの状況に見合った取捨選択が重要となります。

ⅱ.教材を活用し論理的に考える力を習得する

5年生では受験に必要なあらゆる分野の学習を行います。扱う問題の難易度は上がり、ボリュームも増加します。これらを通じて生徒に求めるものは、「論理的思考力の習得」です。
4年生までの問題は、例えば算数ではりんごやみかんなど具体的な事象をベースに問題が成り立っていて、想像しながら正解することができます。しかし、5年生になると抽象的な概念による問題が増え、この抽象的概念をいかに的確かつ迅速に把握できるかがポイントになります。つまり、合格のための受験算数においては、具体的事象を記号化し抽象的・論理的に思考する力が求められています。

ⅲ.マンスリー確認テストを有効活用する

5年生にとって重要な意味を持つのが、ほぼ毎月実施される「マンスリー確認テスト」です。日々の学習成果を把握する機会でもあり、より上位のクラスを狙う機会として「マンスリー確認テスト」を位置づけとして、少しでも毎回のテストで良い結果を残せるように、日々継続して学習に励みましょう。

ⅳ.模擬試験は最低3回復習する

5年生になると自分の志望校に対する合否判定の結果に一喜一憂する生徒が多くなります。模試はあくまでも模擬試験であり、入試本番ではないという意識を持ちましょう。
模試における志望校合格判定は、あくまでも目安であり過去の受験生のデータに基づく判定です。この時期に大切なのは、模擬試験の持つ有用性、現状の学力把握と弱点分野の把握を踏まえ学習計画を効率的なものになるか修正することです。この修正をきちんと行わないと、模試を受験した意味がなくなります。もしは最低でも3回は復習するようにしましょう。


SAPIX6年生の勉強法

SAPIX6年生の学習ポイント

6年生は、受験の総まとめとなる学年です。6年生の授業カリキュラムは、大前提として志望校の合格を目指したものとなります。受験学年になると、お子様において志望校の志向も学力の面でも個別化が進んでいくことにより、授業の進め方も学力別・志望校別のクラス編成で行っていきます。
授業は、週2回で、1回につき80分の授業が3コマ連続で行われます。これまでの学年の授業内容とは異なり、基礎・応用・発展などの様々なレベルにおける入試問題の反復演習を徹底して行うことで、お子様の学力を効果的に向上させます。また、平常授業とは別に「土曜志望校別特訓」(週1回・75分×4教科)、「難関校SS(サンデーサピックス)特訓」(9月以降)が実施されます。文字通り志望校別であり難関校に特化した特訓になり、これらが加わることで1年間を通じ、お子様の学力を入試本番の日にピークになるようなカリキュラムとなっています。さらに、実践的な入試対応力を養成するために各種の模試を実施します。夏前は隔月、夏以降は毎月のように実施される模試は、最新の入試情報に基づく出題となっています。これらの模試は、結果に一喜一憂して終わるのではなく、自己の苦手・弱点分野の把握と克服という点でも有効活用することが求められます。

6年生は、自分の頭で考え抜く逞しい学力を手に入れることが必要です。そして、教材と特訓の活用で入試対応能力を養成することが重要になってきます。
6年生で使用する教材は、教科によって「デイリーサピックス」、「デイリーサポート」、「ウィークリーサピックス」、「基礎力トレーニング」、「基礎力定着テスト」です。基本的に6年生の授業では、プリント教材の授業が多くなります。これは、入試本番の形式により近い形で問題演習に取り組んだ方が、実戦的かつ思考力を身につけるために効果的であると考えられているからです。これらの教材を使用し、平常授業で学習し習得する幅広い知識を基に、入試問題の演習と解説が中心となる「土曜志望校別特訓」を受講することで、あらゆる入試問題のパターンに対応できるだけの能力を養成していきます。

ⅰ.テストや模試の年間計画を立てる

6年生を対象として実施されるテストは「マンスリー確認テスト」、「マンスリー実力テスト」、「復習テスト」、「組分けテスト」、「志望校判定サピックスオープン」、「合格力判定サピックスオープン」、「学校別サピックスオープン」、「面接模試」、「比較合判」です。当然ながら、学校別や面接など、その内容・形式は細分化され、より実戦的になります。「志望校判定サピックスオープン」、「学校別サピックスオープン」を指標として、年間の学習計画を効率よく組み立てることが大切です。

ⅱ.より実践的な問題演習を効率よく行う

 6年生に求められる学習姿勢は、より実戦的な問題演習を効率よく行う姿勢です。6年生で配布される教材(プリント)は、質量ともに、5年生までは比較になりません。しかも、予習ができない授業と復習のスタイルはそれまでの学年と変わりません。そこで、効率性がより大切になります。どのような分野が頻出であり、それはどのような切り口で出題されるのかを徹底的に分析した教材を効果的に活用することが、合格を勝ち取れる最善の方法となります。入試本番で初見の問題が出題されても、正答への手掛かりがどこにあるのかを瞬時に見抜く力をつけるために、受験校が上位校であればある程、得意分野としたいところです。

ⅲ.情報処理能力を高めて「逞しい学力」を手に入れる

 中学校側が受験生に求めている力は、自分の頭で考え抜く「逞しい学力」です。例えば難問と思われている受験算数の問題は、決して難問ではなく、その問題に複数の基本的事項が絡み合い、それを解きほぐす方針が立てられていないため難問だと認識されてしまうのです。また、解きほぐす手順が5回、6回と重なるごとに、解法の方針が立てにくくなり、難問と認識されてしまいます。
これらの力は情報処理能力です。問題の本質を見抜き、原理などを当てはめることを適切に行えるかどうかです。授業や教材で処理能力を育成し、それをさらに高めるため、日々の学習を継続しましょう。

ⅲ.志望校合格のための学習サイクルを実践する

 4年生・5年生の時と同様に、デイリーサピックスを使用し講義形式で行い、授業当日に教材であるプリントを配布するという授業形態は変わりません。したがって、その復習を行うことは言うまでもありませんが、それ以外にも、基礎力トレーニング等の補助教材を有効に活用し、実戦力を着実に養っていく必要があります。また、これまでよりも実施回数が増えた各種の模試を志望校合格へ向けた得点力アップの確認の目安とし、弱点分野の克服を繰り返し行うことが重要となります。つまり、志望校合格のための学習サイクル「学力の定着(授業と家庭学習での反復復習で学力定着)」⇨「学力確認(テストによる学力確認)」⇨「フィードバック(テスト結果を日々の学習方法に反映)」を実践していくことが大切です。

トップエデュのSAPIXフォローコースでは、生徒ひとりひとりの状況や志望校に合わせてオリジナルカリキュラムを作成し、志望校合格に向けた指導を行っています。
「マンスリー確認テスト」などの範囲が決まっているテストでは、高得点を取るためにテスト範囲で苦手な単元の復習を徹底して行います。
また、「組分けテスト」など範囲が決まっていないテストに関しては、独自の分析システムにより各教科の問題点を洗い出し、弱点分野を細かくしぼって補強し、成績向上へ導きます。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学受験での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。過去問に取りかかれる時期は早く、小6の1学期から解き始めます。

小学生から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(A1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧