中学受験コース

 

小学生のための
最難関中学合格コース開成中学校

開成中学校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても開成中に合格させます!

「開成中学校の算数」

攻略のための学習方法

日々学んだことを取りこぼすことなく、確実に習得することが、開成中の算数攻略の礎になります。
さらには学んでいないことに対しても、常に興味を抱き、自ら調べ・考え・答えを導き出す学習を続ける姿勢がなければ、高得点は期待できません。

立体図形の対策

開成中の算数対策として必要になるのが、「立体図形」に関する高難度な問題に対応できる学力の習得です。
立体の切断に絡む問題はこれまで出題頻度が高く、こうした設問を取りこぼすことなく、確実に得点につなげることで、合格に近づくことができます。
標準レベルの立体の切断問題は、小6の夏までに確実にクリアすることで、苦手意識を払拭しておく必要があります。
夏以降は過去問を徹底的に解く・トップエデュの開成受験対策コースで難問へのチャレンジを重ねるなど、集中的に学習する姿勢が望まれます。

速さの対策

開成中の算数の試験問題は、速さを求められているというよりも、解答を導き出すまでに手間がかかる問題が多いです。
問題文自体が複雑で、条件や数値の設定を素早く確実に読み取る、読解能力が求められます。
普段からスピード重視で、サクサクと解答することに重きを置いた学習をしている受験生は、解ける問題にもかかわらず、焦ってしまうことが懸念されます。
解法そのものが見当たらないような超難題は、これまであまり出題されていません。
過剰に時間を気にせず、落ち着いて問題文が指し示す意味を読み取り、計算過程の意味を考えながら解く習慣を身につけましょう。

数の性質、規則性の対策

一読しただけでは解を求める方針が見当たらない、大掛かりな設定の問題が、これまで数多く出題されています。
一般レベルの問題であれば素早く正解を導き出せる能力に加え、いきなり熟考に及ばず、あれこれ試しながら攻略法を見出せる対応力が求められます。
自身が知る多くの解法の中から、使えそうな手法を素早く選び出す判断力と、それを実践する繰り返しを通じて解にたどりつく根気も必要です。
規則性に関する出題に対しては、高難度のスキルが必要となるため、開成中の受験に特化した、専門的な指導者のサポートが欠かせません。

他校の過去問演習

開成中の入試問題を振り返ると、他の難関校の過去問をアレンジしたと思われる出題が散見されます。
同校の過去問以外にも、他の難関校の過去問にもチャレンジを重ねることが、本番対策につながります。
中学受験生を読者対象とする月刊誌「中学への算数」の活用も、効果が期待される1つの選択肢です。

記述対策

開成中の算数の入試答案用紙には、解答以外にも、解を導き出すに至った計算式や考え方を記述する必要があります。
普段の勉強に際し、この「過程」を適当に書き殴るだけ・頭の中だけで処理する習慣がついていると、これがマイナスに作用するリスクがあります。
極めて高い学力が拮抗する受験生をふるいにかける採点に関しては、記載された途中の計算式が、合否の分かれ目となるケースも想定されます。
「答えが合っているから正解でクリア」ではなく、受験当日を想定し、途中式もきちんと明記して、然るべき指導者のチェックを受け、助言を仰ぎましょう。
開成中の算数は、答えにたどり着くまでの全過程を、きちんと文字と数式で残す習慣が、合否の鍵を握っています。

「開成中学校の国語」

攻略のための学習方法

一般的な12歳を大きく上回る、成人社会人でも習得が難しいと思われる、高度な日本語の読解力と文章力が要求されると踏まえておきましょう。
開成合格を志したその瞬間から、受験生と保護者が二人三脚で、日々地道な努力を重ねることが、開成中の国語の試験クリアの要です。

知識

「語彙力」アップには、テストや学習を通じて間違ったものをその都度書き出し、その場で正しく覚え直すといった日々の積み重ねが欠かせません。
読み書きは当然として、「四字熟語」「慣用句」から、「同音異義語」「同訓異文字」「類義語」「対義語」など、広く深い知識が求められます。
さらには「故事成語」など、大人でも正しく言葉の説明ができない語彙に関しても、過去問などから出題傾向を見極め、習得に努めておきましょう。
こうした日本語を駆使する力が、「自分の言葉で答えを書きなさい」という設問条件への対応に際し、非常に重要です。
受験生としてより質の高い解答文を作成することで、採点時に大きな加点が期待されます。

次に「文法」に関しても、2010年には「形容詞の音便」を問う、文法そのものが出題項目となるなど、基礎から着実に学び理解しておく必要があります。
日本語として正しい文法を踏まえていない解答は減点の対象となるばかりか、読み手が正しく内容を読み取れず、誤答であると判断されかねません。
とりわけ前後2文節の相互関係や「助詞」「助動詞」すなわち「付属語」の正しい用法に関しては、あやふやなまま放置してはなりません。
若年層が使う日本語の乱れを嘆く声は、以前から聞かれていますが、開成中の国語には、これらは一切許容されません。
ある意味、実社会で及第点が与えられる日本語よりも、より正確な解答文が求められるのが、開成中の国語の入試問題です。

具体的な対策としては、たとえば問題文を読む際に、読み・書き・意味いずれかが引っかかれば、その場で書き出す習慣を身につけましょう。
こうして自分が正しく把握できていなかった言葉の一覧表を作り、その都度読み返して確かめることで、弱点を克服していく方法が効果的です。
一方で高度な国語力ばかりに意識を向けてしまい、いわゆる「灯台下暗し」状態に陥ってはなりません。
過去には「かなづかい」「ひらがなの筆順」が出題されるなど、意表を突いた設問も、開成中入試の見過ごせない特徴です。
基礎中の基礎を問われた際にも正答できるよう、一文字一文字を正しく把握しておく、万全の備えを心がけましょう。

速読

過去には解答時間50分で7000文字以上と、大学入試相当の問題文が出題されるなど、読解問題の難易度は非常に高いです。
解答を自分の言葉で書き、長文を読解せねばならず、一般的な速読術を用いるのではなく、独自のノウハウの習得が必要です。
単に片っ端に長文を読むことを繰り返すだけでは、この特殊な技能を体得することは難しく、指導者の適切な助言も大切です。

たとえば「論説(説明)文」の場合には、「序論」「結論」に論旨が綴られているので、この部分は読み落とさぬよう、しっかりとメッセージをとらえましょう。
本論は前後の段落との相互関係を確かめつつ、各段落の最初と最後に着目することで、文章全体の流れを把握しましょう。
「随筆」「小説」などストーリー性を有する文章の場合には、新たな「登場人物」を確認しながら、それをタイミングに場面分けしながら読み進めましょう。
舞台の「第〇幕」のように、登場人物が増えるたびに場面を区切ることで、物語がより明確に際立ち、全体の理解につながります。

こうした読解力アップの「コツ」を知った上で、より多くの過去問題の文章を読んでみましょう。
「女子御三家」の過去問は開成中の問題文と相通ずるものも多く、格好の練習教材です。
分速600文字、理想は650文字を一読から、適格に内容を読み取れる読解力を最終目標に、文章を読むことを楽しみながら練習を重ねましょう。

解法

文章の解釈は十人十色ですが、受験問題となれば、正答とされる解釈を導き出さねばならず、そのためには「解法(解釈法・読解法)」が不可欠です。
一般的な中学入試では通常求められることはない高度な技術ですが、開成中においては、これが合否に少なからず影響します。
ちなみに「論説(説明)文」と「随筆」「小説」には、それぞれに特化した「解法」と共通する「解法」があり、双方を理解から駆使するスキルが求められます。

たとえば練習問題の答え合わせの際に、「正解をもらい、解説を聞いて納得できればそれでクリア」では不十分です。
「なぜそのような解釈に至ったのか」すなわち「考え方」の道筋を確かめ、どのような過程を経由しての解答なのかを、その都度確かめる作業が大切です。
とりわけ間違った解答を導き出した際には、どのタイミングで誤解釈に及んでしまったのか、しっかり見極めましょう。
勉強の過程で間違うことは、決して恥ずべきことではありません。
繰り返し間違ったポイントを見極めることで、自ずと自らの「解法」が確立され、それを駆使できる力が身に尽きます。

記述

「自分の言葉で文章を書く」すなわち「記述」なくして開成中合格は望めません。
記述力習得の最短かつ確実な近道は、「とにかく数多く書く」「それを第三者に読んでもらう」「間違いや改善点の指摘を受ける」の繰り返しに他なりません。

単にやみくもに書き連ねるばかりでは、正しく文法を駆使できているか、誤字脱字は見られないかなど、自身の文章の「質」が見極められません。
しかるべき指導者に完成分をチェックから、指摘や助言を受ける繰り返しを通じ、文章を書く能力を、少しずつ着実にアップさせましょう。

ひとひねりした学習法として、読解問題の長文の要約文を書いてみるのも一案です。
「80文字以上120文字以内」などと制限を設け、書き上がった文章は指導者にチェックしてもらうことで、より簡潔明瞭な文章を書く力が備わります。
理解力なくして要約文は書けないことから、この練習は理解力アップにもつながります。

これに慣れたのであれば、次は「文字数の感覚」の習得に意識を向けましょう。
開成中の入試には、「解答は何文字以上何文字以内」と指定されるケースも見られるため、事前に頭の中で総文字数をイメージする作業が必要です。
いきなり書き始めて過不足が生じてしまえば、ロスタイムだけでなく用紙自体も汚くなるなど、デメリットが避けられません。
とりわけ記述式の設問では、この「指定文字数内で正しく文法を駆使した明瞭簡潔な文章であるか否か」が、採点を大きく左右するポイントです。

最初はマス目付きの原稿用紙で練習を重ね、慣れてくれば開成中入試では定番の、マス目無の解答用紙での練習に切り替えます。
焦らず根気よく繰り返すうちに、所定の解答欄に綺麗に収まる解答文が書けるようになります。
もちろん書き方の上達も視野に入れ、悪筆よりも丁寧な文字を心がけ、より好印象を届ける答案用紙を作れる受験生を目指しましょう。

意識

受験勉強に臨む際には、その時々で何を目的として学習しているのか、具体的に「意識」すべきです。
漠然と勉強机の前に長時間座り続けることと、頑張ってたくさん学習したことを混同してはなりません。
最初は何か1つだけを「意識」するところから始まり、次第に複数の「意識」を無理なく自己確認できるようになれば、勉強の効率も自ずとアップします。

これではいささか漠然としているので、具体例を紹介しましょう。
たとえば開成中の入試は解答時間が非常にタイトに設定されているため、見直しの時間の確保は「ない」と捉えておくべきです。
設問を読んだ際に「正しく読み取れているか?」と意識するところから、頭の中で答えを構築します。
次に答案用紙に書き記した内容が「正しく条件を満たしているか?」と意識することで、見直しと同じ作業を1度で済ませることができます。
常に「意識すべきことを意識する」習慣が、本番でのケアレスミスや誤答回避に、大きなプラスの役割を担ってくれます。

「開成中学校の理科」

開成中の理科の入試問題は、問題文・グラフ・図表などの読み取り問題が主体で、知識問題の比率は低い傾向が見られます。
満点70点の設定で難易度は中程度、解答方式も記述問題は見られず、適語選択・記号選択・計算問題が混在しています。

攻略のための学習方法

学校での実験記録や観察結果を分析して解答する問題への対策として、問題演習を十分積んでおきましょう。
過去には実験器具の使用方法に関する問題が出題されたこともあり、これらに関する知識も踏まえておく必要があります。
さらには関連する時事問題が出題された年度もあったことから、科学や自然関連のニュースをチェックするなど、より広く関心を持つ姿勢が望まれます。
一問一答の筆記試験で確実に正解できる基礎知識だけでなく、プラスアルファの関連知識を備えておくことが、高得点獲得の鍵となります。

分野毎の学習法

生物分野
直近数年の過去問を振り返ると、植物と昆虫関連の出題頻度が高く、動物と人の身体の働きに関する出題がこれに続いています。
ちなみに植物の葉の形状に関する出題は、葉の形状の測定データを読み取って考察する設問と、必ずしも一般的な知識問題であるとは限りません。
各々に関する基礎知識を正しく踏まえ、上記のようなデータから考察する問題演習を数多くこなすことで、確実に得点できる解答につなげましょう。

地学分野
太陽の動きなど、天体関連の出題頻度が高く、気象関連がこれに続いており、同分野からの出題が無かった年度も見られました。
私たちの生活と切り離せない、太陽・月・星の動きを正しく把握し、天体全体が動くメカニズムを理解しておきましょう。
地層・岩石・気象に関しても同様で、自身の言葉できちんと説明できるレベルまで、しっかりと基礎知識を確かめる備えが大切です。

物理分野
ここ数年の過去問では、てこ・滑車・ばねなどの力学関連の出題が続き、直近では手回し発電機に関する電気関連の出題がありました。
これらに関する基礎知識をしっかりと踏まえ、出題が予測される計算問題を十分にこなし、落ち着いて正解を導き出せるようにしておきましょう。

化学分野
直近は計算問題を含んだ、食塩の溶け方を問う出題がありました。
ここ最近では物質の溶け方・気体の発生と性質・溶解度関連の設問や、ガスバーナーなど実験器具の使用法を問う出題もありました。
出題頻度が高い水溶液・気体に関し、それぞれの性質や指示薬の色などの基礎知識から、計算問題を十分にこなしておきましょう。
答えられなかった問題に関しては、繰り返し挑んで確実にクリアしましょう。
とりわけ化学分野に関しては、独学の限界が学力向上の妨げとなりがちなため、しかるべき人物による適切な指導とアドバイスが不可欠です。

「開成中学校の社会」

攻略のための学習方法

開成中の社会の攻略は、「地理」「歴史」「公民」に「時事問題」を含めた4分野の基礎知識を徹底的に定着させる学習法、これに尽きます。
計算式や文章力を問われる教科とは違い、知識を問われる設問に対しては、ケアレスミスやど忘れによる取りこぼしは致命傷です。

スライド式学習

「社会」という科目の受験勉強は「暗記」が最重要であり、その大半を占める作業です。
「地理」「歴史」「公民」の順で、小学校5年生から順次各単元を消化し、6年生の1学期終了前に、これら3単元の授業を終えるのが一般的な流れです。
ここで注目すべき点として、5年生の前半に学習した「地理」は、中学受験のタイミングで、実質1年以上のブランクが生じてしまいます。
さらに開成中の入試問題では、「地理」単元に属する出題が、数多く確認されています。

ここで求められる対策が「復習」作業です。
大半の進学対策を講じる学習塾では、6年生の2学期になって「地理」の復習指導が始まりますが、人は時が経てば忘れる生き物です。
開成中合格を目指すと決意したのであれば、学習塾のタイムスケジュールを前にスライドさせ、5年生の冬休みや春休みに「地理」の復習を実践すべきです。
過去の出題傾向の分析からも、「地理」が受験生の得点に大きく影響することは明白です。

いもづる式学習

「点」で記憶した知識を「線」を用いて結び、さらにはそれらを「面」で捉える勉強方法が「いもづる式学習法」です。
とりわけ圧倒的な暗記量が求められる「歴史」など、各々の暗記事象をバラバラで捉えていては、とっさに思い出せないリスクが高まります。
自分が記憶する際に用いた参考書や問題集の文章通りに問われなかったことで、一問一答や関連問題に答えられない展開は、あまりに残念です。

1つの「暗記事項」に関し、それらと関連が想定される「事項」を思いつく限りに、次々と見据えていきます。
たとえば「本能寺の変(歴史)」から、その場所である「京都(地理)」と、単元が異なっても気にしません。
「言葉(単語)」としてのみ頭に浮かぶも、その内容が怪しい場合には、その場で調べて確認することで、新たに1つの「線」で結ばれた知識が得られます。
さらにはこれらが結びついた背景である「面」も、自ずと理解できる、一石二鳥以上の学習法です。
こうして記憶の中に強固に刻まれた知識は、単元をまたぐ「単元融合問題」にも対応が可能です。

手づくり式学習

「歴史」単元の復習で一際効果が期待されるのが、「手作りの年表」です。
市販の年表にラインマーカーを多数引き、小さな文字を書き込む作業が一般的な学習法として定着しているようですが、この「手作り式学習法」こそが、開成中合格の要です。

開成中の入試問題は、「時代別」「時代順」の通史ではなく、特定の事象や時代を切り口とした「分野史」として出題される傾向が見られます。
必ずしも時系列にこだわるのではなく、さまざまな独自の「時間軸」に沿って出題されるのが特徴です。
これに対応すべく、受験生自らが「手作り年表」を作成するメリットが無視できません。

「政治史」「外交史」「社会経済史」「文化史」「人物史」など、出題が想定される歴史上の出来事を、分野別にまとめた年表を作成します。
この作成過程自体が「復習」になります。
すべてを一緒くたに記載した年表と比較すれば、重要事項と思われる出来事だけを記入したそれぞれは空白部分が少なくありませんが、それで構いません。
それぞれを記入する際に、先述の「いもづる式学習法」を用い、関連事項を思い浮かべれば、一気に「線」でつながり、「面」が見えてきます。

こうして完成が近づくそれぞれの「手作り年表」に、「〇世紀」「日本では〇〇時代」「中国の王朝名」を合わせて記入しましょう。
「時代」と「世紀」を正確に結び付けておくことで、原始時代からの歴史全体を、広い視野と感覚で捉えられれば、「歴史」そのものが一層面白くなります。
面白くなれば学習も進み、それが本番での高得点へと「線」でつながります。

細部へのこだわり式学習

開成中の入試で毎年必ず出題されるのが、「統計資料の読み取り問題」です。
提示された「統計資料」からどれだけ多くの正確な情報を読み取るかが、得点差にダイレクトに反映する出題形式です。
ある意味受験生の「感性」を試す設問とも解釈できる、個人差が顕著となる、苦手な人にとっては難題と言えるでしょう。

ここで「鍵」となるのが、細部にこだわって読み取る姿勢と能力であり、これを体得するにはトレーニングが不可欠です。
過去問題を数多く解く作業を通じ、資料に示された細かい「項目」や「数字」から、文字では示されていない「情報」を導き出す訓練を重ねましょう。
最初は感覚的に手応えが実感できないかもしれませんが、根気よく続けることで、自然と「手がかり」に気づけるようになります。
手がかりさえ容易に導き出せるようになれば、それと自身の知識をリンクさせることで、資料に潜む「情報」すなわち「答え」を求めればよいのです。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学受験での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。過去問に取りかかれる時期は早く、小6の1学期から解き始めます。

小学生から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(A1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧