中学受験コース

 

小学生のための
最難関中学合格コース海城中学校

海城中学校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても海城中に合格させます!

国語

問題構成

例年、文学的な文章が1題、説明的な文章が1題の大問2題という構成です。
文量は計7000~9000字程度です。2020年度は、約9800字、漢字を含めて、総解答数は25問前後でした。
ここ最近は、2問の50~100字程度の記述式問題が出題される傾向があります。選択問題が多いことも特徴です。選択肢が長めで、本文と合わせて、全体の文量が多いところに気を付けて準備をする必要があります。

長文読解

近年は、文量が多くなってきています。読むスピードを速くする練習に意識して取り組みましょう。
文学的な文章は、人物設定が6年生にとって理解しやすい年齢・境遇のものが扱われています。難しさのレベルにも配慮がされています。
説明的な文章も、学生に語りかける随筆文多いです。しかし、社会科学等の少しハイレベルな内容のものもあります。レベルとしては難しすぎることはありません。
素材文の内容は読みやすく、読解力がしっかりと身についていれば正解できる問題が多いです。国語の基礎的な力を定着させておきましょう。
文学的な文章は、場面分けを確実にできるようにしましょう。時間や場所、人物の移動などに着目して、変わり目でマークを付けます。人物の言動や情景に注意しながら、登場人物の心情を読み取ります。
私的な見解でなく、問題の文中から手がかりに沿って考えるようにしましょう。全体を通して筆者の述べたいことや、主題を考えるとよいです。
説明的な文章は、段落を整理できるようにしましょう。形式段落を意味段落にまとめて、意味段落に小見出しをつけ、大まかな内容を書き込むとわかりやすいです。段落の最初と最後に要点が書かれていることが多いですから、後でまとめるときに見つけやすいように、傍線などで目立つようにしておくとよいでしょう。要点をまとめることは、要旨や要約につながります。記述式問題で引用できる部分はこの部分につながることが多いです。

選択肢問題・記述問題

選択肢問題は問題数が多いです。またそれぞれの文も長いです。しかし、それぞれの選択肢の違いは明らかですから、的確に読み取れていれば正解できます。
選択肢の中から正誤ポイントを読み落とさないように、似ている問題でたくさん練習し、注意力を身に付けましょう。
記述問題は設問の条件をよく読み取ることが大切です。条件それ自体が文中でポイントを見つけるヒントとなっていることが多くあります。記述に用いられそうな部分に目星がつけば、その部分を条件に合う形に整えてまとめられるように構成されています。
とにかく素材文を的確に読めているかどうかが大事です。国語の力をつけた上で、できるだけ多くの過去問を解き、海城中の試験の特徴に慣れておきましょう。

算数

すべての分野において標準レベルの問題に粘り強く、正確に解答できる力が最低限必要とされます。海城中の入試は、ひねりのある問題やオリジナリティーのある問題が出題されるため、とっさに方針を立てることは難しい問題が多くあります。これまで学習を重ねてきたことを使い、粘り強く考える必要があります。
大問は誘導形式になっている傾向があります。設問がつながっており、次の設問の手掛かりとなっていることがあります。答えに詰まる場合は、前の設問を振り返るということを、普段の学習から頭に置いておくとよいでしょう。

立体図形の対策

立体の切断について問われる問題が多いです。難易度も高く、立体の切断については、深く理解しているだけでなく、難しい問題にも十分に演習を積み重ねる必要があります。
その他の領域である水そうグラフなどは、標準的なレベルの出題が多いです。

平面図形の対策

設定が複雑な問題が一部に出題されています。設定が複雑でも、ひらめきがないと解けない問題ではなく、基本に忠実に考えていくことで解くことができる問題です。標準レベルの問題を素早く正確に解けることが大切です。そのために図形の基本的な性質を、状況に合わせて自由に使いこなす力を身に付けましょう。

規則性・数の性質の対策

問題の中には、典型的な解き方でできるものだけでなく、試行錯誤を必要とするものがあります。手掛かりがつかみづらいため、粘り強く手を動かして解くことが大切です。あきらめずに手を動かすことによって解答にたどり着きます。

割合の対策

食塩水に関する出題が多い傾向があります。レベルは海城中の問題の中では高くなく、標準より少し難しいレベルまでを演習しておきましょう。

速さの対策

問われたことをグラフなどに整理して解く問題が多い傾向があります。レベルは標準からやや難しい程度です。他の受験生と差のつきやすい問題が多いですから、かなり難しいレベルのものまで演習しておくとよいでしょう。

計算の工夫

海城中では大問の1で、毎年工夫の必要な計算問題がよく出題されている傾向があります。計算問題で、時間が消費されないようにきちんと工夫して解くことができているか、解説と比べて学習することをおすすめします。

理科

毎年、記述問題が多く、知識面では標準レベルの内容を問う傾向があります。知識の有無は、学習の定着によって大きく左右されます。ですから、思考問題だけではなく、知識問題でも大きく実力の差がつきます。
そのため、知識を習得するために用語の暗記だけでなく、分類や説明についても定着させることが必要です。分類については、化学と生物で多面的に捉えることが重要です。個々の物質の種について特徴を把握し、分類軸に応じてグループ分けできるようにしましょう。写真や動画といった視覚教材を用いて、視覚的特徴を学習することで用語を覚えやすくなります。
説明する力については、一問一答の問題集や用語集を活用して、答えの語句から問題文を考える練習をすることで、効率的に学ぶことができます。そのうえで、各単元で紹介される実験や原理について応用例まで徹底して学習することが大切です。
対策が難しいとされるのは、問題内で与えられた知識や情報から考察や推論を求められる問題です。暗記では対応することができないため、選択肢を検討や、記述解答の組み立て方が重要となります。
記述問題が多く基礎的な記述力が必要とされます。理科の記述では、解答欄のサイズから字数に限りがあります。国語以上に無駄なく記述する力が求められます。

生物分野

動植物の形態、生息に関する分類の出題が多い傾向があります。
個々の種の特徴だけでなく、分類群の共通事項を大きく捉えておきましょう。そのために「科」に着目して学習することが役に立ちます。図鑑等を読み、代表的な種を見て視覚的な特徴をおさえておくとよいです。

地学分野

近年、地質分野では地震や災害の発生により、地殻変動や地球温暖化についての出題が目立っています。そのため、災害に関するニュースは解説にもしっかりと耳を傾けておきましょう。
天体分野に関しては、時事問題と天体運行シミュレーションを要求するような問題が主です。天体の位置や動きを平面の中で捉えることで、ほとんどの問題は理解できますから、図を書いて解く練習を繰り返し行いましょう。

物理分野

力学や電気の分野で計算を使う問題が多く出題される傾向があります。装置を用いて処理した結果を計算するなどの問題があります。標準レベルの問題をスムーズに解くことができるよう繰り返し練習が必要です。
また物理の原理を応用し、様々な器具に関しても出題されることが考えられます。テキストに紹介されている器具を、原理とともに説明できるようにしておくことが役立つでしょう。

化学分野

物質の性質に関する知識を定着させておきましょう。化学反応に関しての出題が多い傾向があります。多く問われているのは、水に溶かした場合の性質ですが、金属の熱伝導性や電気誘導性や結晶の色・形なども大切です。
数は少ないですが、実験器具の使い方や実験処理に関する問題も時折出題されます。以前には、装置を描かせる問題が出たことからよく扱われる実験は、絵を描けるようにしておくとよいでしょう。
計算に関しては、溶解度や中和・気体の発生に関する問題が出ています。いろいろな入試問題を練習しておくことで、ほとんどのパターンを網羅できるでしょう。

社会

出題構成

海城中の社会科は、中学入試の中でもかなりユニークな形式です。
大問は一つで、テーマに基づいて1000字以上の長文があります。その本文の中に選択問題・用語記入などの基本的な問題が7~10問、写真や統計・グラフを読み取り50字・150~200字に記述しまとめる問題が1~3問含まれています。総問題数は10~12問程度で総合問題の形式で出題されます。

基本的問題

選択問題・用語記入などの基本的な問題は、問題数が少なく難易度は海城中と見合ったものです。
出題範囲は、地理・歴史・政治経済の分野から広く網羅されています。
中学受験では、暗記の多い歴史分野に時間を割いてしまいがちですが、海城中の対策では各分野の基本事項を均一的に学習し、歴史的事象の背景や原因と、結果、関連する出来事をまとめて学習する必要があります。
アジア・ヨーロッパ・中東の地理が出題されていることもありますから、資料集や白地図に普段から触れて、写真や図表とともに歴史的な出来事と結びつけるなどして学習するとよいでしょう。
配点の特徴として、一問ごとの点数が大きいです。ミスは少なく、スピーディーに解答していき、長文で記述する問題に時間を多く使えることが大切です。時間配分を意識して過去問を解きましょう。

長文記述

写真や統計・グラフを読み取り50字・150~200字に記述しまとめる問題について、テキストの暗記だけでは対策が不十分になりがちです。
テーマは、ユニークで多種多様です。例えば2019年度第1回では、「民泊の規制緩和と新宿区の条例の意図するところ」が問われたり、2020年度第1回では、「シャネルの服飾から考える時代の変化や国内生産の理由」が問われたりしています。受験生の普段は考えないようなテーマですが、今年はどんな話なのかと楽しんで問題文を読むことのできる心構えがあるとよいでしょう。
注意が必要なのは、テーマに沿った資料やグラフを通り一遍に読み取るだけでは正答できないという点です。資料1と資料2の数値の差を問うだけではなく、海城中では、そこから推測できる結論を求められます。
本文は1000字以上の長文ですから、資料やデータの分析もあって受験生は、試験中大忙しになってしまいます。ここで重要なのは、本文の読み取りです。実際に設問では、「本文と資料1、資料2を参考にして・・・」という表現がされています。
つまり長い本文の中に解答に使える重要なデータや出来事が多く説明されているということです。これは海城中の社会科の大きな特徴です。先述した結論を求めるような問題も本文に手掛かりがある場合があります。
本文をよく読み、重要な点をまとめ、資料と合わせて読み取ることで正答が見いだせるように問題が作られています。ハイレベルな知識や細かい情報を求められているのではないことを理解しておきましょう。
海城中の記述問題対策のために以下の力をつけておくことが有効です。
・1000字以上の長文を読み、問われている部分を抜き出してまとめる読解力。
本文を読みつつアンダーラインを引き、余白に書き出すと記述をまとめる時にスムーズになります。
・資料やデータを読み取ったうえで、背景を考える分析力。
「日本国勢図会」は資料がよく引用されています。目を通しておき、データの特徴や背景などについて考える癖をつけましょう。
・上記2点の内容を100字や200字でまとめる構成力。
試験の際は、設問で指定された条件をきちんと守り、与えられた資料を有効に活用することで良い答えにたどり着くことができるということを念頭に置いて取り組みましょう。
他校では見られない1000字以上の文や200字の記述解答に、足のすくむような受験生もいるでしょう。しかし、テキストに載らないような難しい知識や細かすぎるこだわった情報は必要ありません。
期待されているのは、本文を正確に読んだうえで、資料と比較し簡潔にまとめることのできる「論理的な思考力」です。
普段から学習するときに、事象に対して「なぜ?」「この先は?」と、論理的に考える癖をつけておくことが大切です。もちろん、過去問には積極的に取り組み、海城中の特殊な出題形式に慣れておくことも重要です。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学受験での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。過去問に取りかかれる時期は早く、小6の1学期から解き始めます。

小学生から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(A1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧