中学受験
サポートコース

 

小学生のための
中学受験サポートコース日能研

6年生前半までは、カリキュラムテストに向けた指導・フォロー、6年生後半では『志望校対策』を行います

日能研の特徴

進学塾最大手である日能研は、毎年難関から中堅校まで多くの受験合格者を輩出しています。受験に関する豊富なデータと、復習が自然に出来るように組まれたカリキュラムが強みです。多様なレベルの受験者層に広く対応している塾と言えるでしょう。

4年生のポイント

  • 算数と国語の基礎学力を身につける
  • 家庭学習のやり方を身につける
  • テストの受け方を身につける

4年生で学習する内容は、その後の学習の土台となります。
学習内容の質も量も余裕があるこの学年だからこそ、毎回授業で学んだことを確実に理解・定着できる家庭学習スタイルを確立することに重点が置かれます。理解が不十分な単元を残さないように心がけましょう。
「学習力育成テスト」や「全国公開模試」では、テストの受け方・時間配分などを身につけることを意識して臨むことが理想的です。


5年生のポイント

  • 丸暗記型の学習スタイルにならないようにする
  • 基礎となる内容で不得意な単元を作らないようにする

5年生から本格的に学習内容が難しく、そして学習量が増えていきます。
そのため、この時期から詰め込み型や丸暗記型の学習はでは追いついていけなくなります。「学習力育成テスト」は良いのに、実力を測る「公開模試」で結果が出ない場合、勉強方法が日能研のカリキュラムに適していない可能性があるので要注意です。
5年生時の学習は、基礎事項の理解・定着を最優先にしましょう。そこで重要なのが、各テストで得点できなかった原因の明確化です。
基礎事項においては、特出した苦手単元を作らないようにすることが大切ですから、クラスアップを目指す上で、基本問題を取りこぼさない対策を考えましょう。


6年生のポイント

  • 夏前までに入試に必要な基礎力を身につける
  • 志望校を見据えて日特を有効活用する

日能研では6年生の夏休み前までに中学受験に必要な学習を一通り終えますので、ここまでに入試に必要な基礎力をある程度まとめておきましょう。
後期は志望校の入試傾向をつかんだうえで、学習内容の優先順位をつけ、取捨選択した勉強が重要です。6年生の中盤以降はクラスアップよりも、志望校合格に必要な学習に重きを置きましょう。

勉強法

4年生の勉強法

日能研4年生の学習ポイント

4年生は受験勉強のスタートを切る、特に大事な学年です。
日能研では、4年生から6年生までを系統立てて学習プランを組み立てており、このプランのスタートとなる学年が4年生です。この時期は自分と他者の区分を明確につかめるようになる時期でもあり、この自意識の発達とともにどの視点で物事を捉えるかも、はっきりと意識し始めます。ですので、4年生はどの科目においても、中学受験の「合格」を勝ち取るために必要である「思考力」及び「論理力」を確実に身に付けるうえで、極めて重要な学年であることは言うまでもありません。
日能研では4年生から6年生までを「系統学習」と位置付け、各ターム(学習期)に応じたカリキュラム編成となっており、4年生は前期と後期に分けられています。

算数の勉強法

「考える力」を「思考力」へ高める
算数は「中学受験の合否」を左右するとまで言われる最も重要な科目です。5年生、6年生になるにつれ、算数に対する得意・不得意の意識がお子様の中ではっきりしてくるでしょう。算数が不得意、さらに言うなら嫌いである、という意識を定着させないためにも、4年生の段階で対処を考えることが望ましいです。算数の考え方に親しみを感じながら「考える力」をどのようにして「思考力」へと高めていけるか考えていきましょう。
算数の土台固めをする
4年生の前期で主に学ぶことは、整数の四則の方法や仕組み、数や量の意味の理解、平面図形の性質や求積の仕組みについてです。
後期からは、扱う数が小数や分数まで拡張し、それぞれの性質と四則演算方法を学んだあと、文章題で「与えられた情報」を視覚的に把握するために必要な線分図などの作図を徹底的に学びます。図形も、入試で避けて通れない円やおうぎ形の求積を扱い始め、どの単元を見ても基本事項の完璧な習得という目的が分かりやすいです。
4年生は全ての科目・分野で「基礎固め」が重要であり、特に算数は全ての問題に共通して「計算力」が不可欠です。正確さと速さが要求される計算力は、日々少しずつ(1日5問程度)練習を積み重ねることが重要です。「計算と漢字」テキストを毎日取り組む習慣づけをしましょう。もう一つ重要な点に、問題の情報の「視覚化」が挙げられ、具体的に線分図などを適切に書けることが大切になってきます。

国語の勉強法

4年生は知識と知識をつなぐ学習をする
4年生の勉強全般に言えることですが、この時期は受験で要される知識をつなぐ「線」を見る学習、さらに「線」をしっかりとした土台上に構築する学年です。この学習習慣が5年生時に求められる「面」への学習プランを実効性の高いものにしていくことは間違いありません。
説明文では読解力を、物語文では読解パターンを学ぶ
日能研で扱う教材は与えられた設問の中に含まれる「情報」が、筆者が主張とどのようにつながっているのかを見抜く「国語力」が演習を通じて身につけられる構成です。つまり、説明文では本文中くり返し使われる「キーワード」を素早く確実に把握し、形式段落ごとの要旨を頭の中でまとめられるよう読解力を高めることを目指します。
一方、物語文で学ぶことは登場人物の「心情」を把握するための読解パターンです。この「心情」が物語文中の「情景描写」と密接不可分ですから、物語文中の情景描写が心情にどう連動しているのか、物語の構造をしっかり理解できる内容構成になっています。つまり、日能研の4年生国語では、文章全体の「部分どうしのつながり」や「部分と全体との繋がり」を念頭に置くという、文章読解基本の「着眼点」を学べるということです。
「知識問題」を継続的に学習する習慣をつける
さらに、4年生では入試国語で必要な「知識問題」にも取りかかります。日常的に数問でも漢字練習を行うと同時に、ことわざや四文字熟語などの習得を地道に行いましょう。朝、学校に行く前に、毎日5個ずつ覚えるといった小さな積み重ねの学習習慣を励行することが理想的です。


5年生の勉強法

日能研5年生の学習ポイント

5年生では、広く浅く広げた知識の「深化」を目指します。4年までの学習を知識という「面を広げる」学習とすれば、それは「スキルの習得」だけと言えるでしょう。正解へたどり着くための「道具」であるスキルをどれだけ多く身につけられるかが重視される時期でした。
しかし、「深化」は正解へたどり着くためのスキルの多さではありません。登山に例えると、山頂は一つであってもそこへ到達できるプロセスは無数に存在します。そのプロセスの中から最も楽で早く登る方法を見つけるように、多数の解法のうちどれが一番確実に手際よく正解へ到達できるかを見抜く「眼力」が必要です。この眼力を身につけられるかが、5年生に求められる「深化」と言えます。

算数の勉強法

5年生は知識の「深化」を目指す
5年生は受験の最終学年へ向けた学年であり、4年生とはまた違う意義を持つ時期です。日能研では5年生時に、小数・分数と加減乗除の計算演習を徹底して行います。正確で速い計算力は、受験算数で不可欠の要素だからです。
さらに、問題から得た情報を図に置き換えるなど視覚化する力、情報間の関係性をくみ取る能力も重要です。つまり、速さや割合の問題を線分図などで表すスキルを高め、図形においては円や扇形の求積をよく演習することで、受験算数で主に扱う文章題に対する取り組み方を学びます。これらの演習が、6年生で求められる「抽象的思考力」を確実に身に付けるため必要だからです。
5年生での系統学習プランは、4年生で培った学習知識を俯瞰して捉えて他の知識との関連性を見つけ出す、いわば「点」を「線」にする学習です。この学習プランを丁寧に実行していくことは、5年生後半から6年生前半に学ぶ、線でつないだ学習知識を「面」へと実効性を持ってつなげるために、重要な要素となります。言いかえれば、日能研における5年生の学習プランの主軸は、知識という点をつないだ「知識のネットワーク」をどこまで広げられるかです。それはつまり、「1つの知識は他のさまざまな知識とつながっている」ということを理解し、知識同士を「ネットワーク構造」でつなぐ学習手法の習得が目的ということです。

国語の勉強法

部分(点)どうしのつながりを探求する
国語は、筆者の考え、具体例、根拠となる理由などのつながりを読み解くことを通して、設問文の「部分(点)間のつながりを探求する」ことを学んでいきます。特に物語文では、「目に見える情報」と文中にはっきり書かれていないような「目に見えない情報」をつかみ、それらをヒントに登場人物の心情を推測することが必要です。そこからさらに、接続詞や指示語を手掛かりに「情報」に含まれる役割を探ることも要されます。このような設問へのアプローチ方法を5年生の夏までに習得することを目指すのが5年生の国語カリキュラムです。
部分と全体の関連性を理解する
5年生の夏以降では、新たな学習に取り組むプランが組まれています。5年生後半で求められる学力は、目の前の問題に対して自分の持つ複数の解法パターンのうちどれをあてはめるか、臨機応変かつ的確に判断できる「対応力」でしょう。
そのために、5年生後半では説明的文章の構成や要旨を十分把握することを通して、「部分と全体の関連性の理解」、物語的文章においては、比喩や擬人法といった独特な表現技法の理解を深め、「情報に含まれる意図、工夫された情報の提示」をそれぞれ学びます。
「情報構造」をしっかり把握・分析できるようにする
説明的文章および物語的文章において習得した正解へたどり着くアプローチを通じて、設問中に提示されている「情報構造」をしっかり把握・分析できるように最終的に導きます。以上のような学習手法を用いて、自分の中に出来上がった「論理」を見直し、崩し、再構築できるような作業を自力でできるように日能研の教材は構成されているのです。


6年生の勉強法

日能研6年生の学習ポイント

6年生では、一つの考え方を複数の問題への解法として使いこなせるかが重要です。深く掘り下げる「思考の深化」を実現させます。
第一志望校合格のために6年生の1年間で身につけるべきことは多くありますが、中でも「論理力」を養うことを第一目標としましょう。論理力が思考を生み、それは課題発見力を高め、さらにそれを解決する能力の礎となるからです。この時期は「思考技法」を組み合わせたり、設問で提示された条件によって組み替えたり、立体的に使いこなすことができるように目指しましょう。
受験最終学年の日能研の教材は、あらゆる問題・条件下で知識や思考技法を使いこなすことで生徒自身が自らの知力を深められるように、そして効率的に学習成果を得られるように編成されています。
具体的に、教材によって自然とPDCが行えるようになっているのです。PはPLAN(計画)、DはDO(実行)、CはCHECK(確認・ふり返り)であり、このサイクルを回し、塾側と面談等を繰り返すことで、より実効性を高めます。それでは、日能研の教材の構成から考慮して、6年生時に押さえておきたいことを見てみましょう。

算数の勉強法

6年生は「着眼点の深化」を図る
例えば、受験算数の中に「つるかめ算」という有名な解き方を、「数量編の一部の問題にしか当てはまらない」と思い込んでいるのは誤りです。ある図形の辺上を2点が動く問題で、指定された面積が成立するまでの時間を求める問題であっても、「つるかめ算」で解けます。さらに、A地点からB地点まで移動し、途中で速さを変えてB地点に到着、そのときの2つの速さの情報と到着までかかった時間が与えられているような問題も「つるかめ算」を使える典型です。
似たもう一つの例には「比」があり、受験算数の7割前後は「比」の考え方で解ける問題だと言っても過言ではないでしょう。日能研の6年生の学習テーマは、数量を抽象化して捉え問題の原理を理解するための道具である「比」です。テキストでは、それまで学習した内容を「比」を用いて再度解くことを行い、正解へのプロセスを再構築します。それにより、柔軟な思考力の向上と着眼点の深化を図る構成になっています。これら「着眼点の深化」が、多くの受験生が苦労する立体図形の取り組みに大いに役立つでしょう。
「日特」を活用する
6年生の後半から、志望校合格を見据えた実践的な講座が始まります。最たるものが「日能研入試問題研究特別講座」、いわゆる「日特」です。これは通常授業とは別枠で、日曜日に実施される特訓講座であり、中でも「難関校日特」は、開成、麻布、駒場東邦、桜蔭、女子学院などの難関校の入試問題を徹底的に研究し、テスト技術を高めていく学校別講座となっています。
この講座は、単にスキルアップさせてテスト技術を高めることだけを重視してはいません。当然、成果考えたうえで、それ以上の「能力(骨太学力・地頭力向上)」の獲得を目指しています。かみ砕いて言うならば、この問題を通して中学校側はどのような思考パターンを受験生に求めているのかを素早く的確につかめる情報把握力・課題解決力の会得がメインの目標なのです。総じて、「自分の頭で考える」ことこそが上位校合格に必要不可欠であり、初見問題にどう対処するかをとっさに判断できることが、中学入学後のお子様の学力を伸ばし続けるための要諦と言えます。
ただし日特は学校別の対策となりますから「志望校コースの講座を受けられなかった」場合、または「志望校コースがない」場合は塾とは別に自身で志望校対策を講じる必要があります。

国語の勉強法

6年生は国語力(読解力と論理力)を高める
成績が上位の学校ほど、求められる国語力は「読解力・論理力」でしょう。そして、「読解力」とは言い換えれば「自分の頭で考える」ことに他なりません。「論理的に物事を考えよう」とよく聞きますが、これには正確な本文の把握が大前提になっていることが明らかです。なぜなら、論理的に考えて筆者の主張を理解するためには、正確な内容把握を欠いてはできないからです。
教材を活用する
では、大前提である「本文の正確な内容把握」とは具体的に何か考えてみましょう。それはキーワードや筆者の主張を、根拠を持って見つけられることだと思います。そこで日能研の教材が役に立ちます。この教材内で扱う問題は良問ぞろい、つまり、論理的思考に耐えうる文章です。具体的には、設問の文章を読むときに接続詞(順接か逆接か)は何か、繰り返し述べられている言葉(キーワード)はどれか、などを抽出する練習に適した問題と言えます。

トップエデュの日能研フォローコースでは、生徒ひとりひとりの状況や志望校に合わせてオリジナルカリキュラムを作成し、志望校合格に向けた指導を行っています。
「学習力育成テスト」で高得点を取るために、テスト範囲で苦手な単元の復習を徹底して行います。
また、「全国公開模試」に関しては、独自の分析システムにより各教科の問題点を洗い出し、弱点分野を細かくしぼって補強する事で成績向上へ導きます。

トップエデュの日能研フォローコースでは、生徒ひとりひとりの状況や志望校に合わせてオリジナルカリキュラムを作成し、志望校合格に向けた指導を行っています。
「学習力育成テスト」で高得点を取るために、テスト範囲で苦手な単元の復習を徹底して行います。
また、「全国公開模試」に関しては、独自の分析システムにより各教科の問題点を洗い出し、弱点分野を細かくしぼって補強する事で成績向上へ導きます。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学受験での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。過去問に取りかかれる時期は早く、小6の1学期から解き始めます。

小学生から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(A1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧