中高一貫
対策コース

 

中学・高校一貫対策コース豊島岡女子中学・高校

武蔵中・高の生徒さんへ!
武蔵中学・高校のカリキュラムに合わせた対策を行います。
武蔵中学の定期テスト・内部進学対策に強い個別指導塾です。

豊島岡女子中学・高校の定期テスト対策

豊島岡女子の特長

豊島岡女子学園中学・高校は授業進度が速く、中3の1学期に高校の学習範囲に入るほどです。こまめに小テストもあり、それらも含まれるため試験範囲は広くなっています。 中3からは英語の習熟度別に授業が行われ、文理分けは高2です。 さらに高3では志望別に文系Ⅰ(3教科型)、文系Ⅱ(5教科型)、理系(医歯薬理工)とクラスが分けられ、実践力を養う演習が行われます。他校と比べて、生徒の習熟度や志望に特に沿って指導が行われている学校と言えるでしょう。

豊島岡女子の定期テスト対策

豊島岡女子学園中学・高校は、全教科共通して教科書・問題集の丸暗記では定期試験に対応できません。英語は初見問題の出題、数学では難易度の高い応用問題を中心に出題されます。問題集や授業内プリントで基礎固めは当然、応用問題演習を行って応用力を養いましょう。また、数学と理科の試験では途中式が要求される場合があります。家庭学習から解く過程を意識して取り組んでください。

豊島岡女子学園中学・高校学校の特長・カリキュラム

豊島岡女子学園中学校・高校 校風・特徴

上位校への進学数が女子校トップ
豊島岡女子学園中学・高校は「道義実践・勤勉努力・一能専念」という教育方針を掲げ、「道義すなわち人として踏み行なうべき正しい道、優しさと思いやりの心」を教えています。
毎年、東大・京大などの国立大学や早慶上智クラスの上位難関大学への進学数は、女子校の中でもトップクラスです。

豊島岡女子学園中学校・高校 授業

個人に合ったクラス
豊島岡女子学園高校では1、2年時は、高校から入学した生徒(高入生)と豊島岡女子学園中学から上がってきた生徒(中入生)は、別クラスに分けられ、それぞれ各教科効率を考えて組まれたカリキュラムで基礎学力の定着を目指します。
この高校では2年から文系・理系に分かれ、文系では世界史Bが必修、日本史Bと地理Bが選択必修です。理系は化学が必修、物理と生物を選択必修にしています。
3年では、中入生と高入生関係なく志望別でクラス編成され、そのクラスは文系Ⅰ(3教科型)、文系Ⅱ(5教科型)、理系(医歯薬理工)の3クラスです。それぞれのコースで入試問題を中心とした演習を数多くこなし、授業を通して大学受験の実践力を強化します

ハイレベルな先取り学習
豊島岡女子学園中学では、中学校の内容を中学1・2年生のうちにすべて終わらせます。
授業内容・進度ともに大学受験を意識したハイレベルなものです。それだけではなく、小テストとノート提出がほぼ毎日あり、当然宿題も出されるので、お子さんの負担は他の学校に比べると大きい印象を受けます。
さらにこの学校の生徒には、東京大学受験指導の専門塾である「鉄緑会」に通われるお子さんも多いです。そうなると鉄緑会からも膨大な量の宿題が出るため、学校と塾との両立に悩まれるケースも少なくありません。

豊島岡女子学園中学校・高校 学習ポイント
成績は偏差値で算出されます。偏差値30台になると追試が課せられるので、定期テスト対策はきちんと行っていきましょう。
対策にはまず、負担を必要以上に増やすよりも学校のカリキュラムをこなすことが最優先です。豊島岡女子学園中学・高校の授業レベルは高いので、進学塾に通わなくても問題ありません。
しかし、小テストや宿題をこなしているだけでは成績は上がりづらいです。計画的に家庭学習を行い、学習ペースを確立することを大切にしましょう。そのうえでプラスアルファの学習を行うことが、成績を上げるポイントとなります。

豊島岡女子学園中学校・高校 進級・内部進学基準

豊島岡女子学園中学・高校における進級や内部進学の基準は、5段階評定で判定基準は以下のとおりです。
5:100~80点、4:80点~70点、3:70~40点、2:40~20点、1:20~0点。
この評定にはテストの点以外にも、提出物も加味されています。

豊島岡女子学園中学・高校 英語の定期テスト対策

豊島岡女子学園中学校・高校・英語 教材

教材は『CROWN』
教科書は『CROWN』を使用しています。
『CROWN』は、多数の私立中高一貫校が使用する難易度が高い英語教科書です。そのため「授業の限られた時間内では理解しきれず、苦労するお子さんは少なくありません。
しかし『CROWN』を使いこなすことができれば、実用的な英語能力を身につけられます。分からない部分はすぐに解決するなどの努力で授業についていきましょう。

豊島岡女子学園中学校・高校・英語 授業

英語の授業では、単語用・授業用・問題演習用の三種類のノートを作るように指導されます。使用する教材で『文法問題集』はこのノートに解きますが、『WORK BOOK』は直接書きこむ形です。
これらは定期的な提出が求められ、『WORK BOOK』はReadごと、『文法問題集』は1章ごとに提出します。ため込まず、計画的に取り組みましょう。
また、授業では先生があまり板書しないので、板書をノートに写すだけでは後で見返す際に授業内容が十分に確認できません。先生の話を聞いて自分なりにまとめる、メモをする練習をしておきましょう。

豊島岡女子学園中学校・高校・英語 定期テスト

豊島岡女子学園中学・高校の英語定期テストは、授業内容・教科書からの問題以外に、初見問題もあります。授業内容・教科書から出された問題も、そのまま出題される訳ではありません。文章の形が変更されているなど、少々ひねられています。さらに初見の長文で文法問題を出題されるため、教科書だけの学習ではなかなか太刀打ちできません。教科書の丸暗記ではなく、基礎を固めたうえで、初見問題にも対応できる力を養うことが大切です。

豊島岡女子学園中学校・高校・英語 宿題

英語の宿題としては、主にReadの予習プリントが配られます。英文和訳が中心の宿題ですから、自力でやってみて分からなかった箇所を明確にして、授業に臨みましょう。

豊島岡女子学園中学・高校 数学の定期テスト対策

豊島岡女子学園中学校・高校・数学 特徴

豊島岡女子学園中学では、中等教育は進学だけではなく実社会で基礎となる、重要な学習事項を多く含むと考えています。そのため、主要5教科に豊富な授業時間が充てられており、なかでも数学の授業時間は週に5から6時間です。

豊島岡女子学園中学校・高校・数学 試験

暗記では対応できない高難度の試験
数学の定期テストは応用問題中心です。公式の暗記だけでは対応できない高難易度テストですから、普段から自主的に応用問題の演習に取り組み、力をつけましょう。
また、解答では途中式を求められるため注意が必要です。途中式は、書くことで計算の過程が明確になり、ケアレスミスを減らすことが出来るメリットがあります。テストのためにも、自身の数学能力向上のためにも日常的に必ず途中式は書くようにしましょう。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。
過去問に取りかかれる時期は早く、中3の1学期から解き始めます。

中1から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(S1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧