中高一貫
対策コース

 

中学・高校一貫対策コース学芸大学附属国際中学・高校

学芸大学附属国際中学・高校の生徒さんへ!
学芸大学附属国際中学・高校のカリキュラムに合わせた対策を行います。
学芸大学附属国際中学の定期テスト・内部進学対策に強い個別指導塾です。

東京学芸大学附属国際中学の内部進学について

東京学芸大学附属国際中等教育学校は、学校名が表すように「中等教育学校」であり、6年一貫教育校です。中学1年から3年までにあたる期間を「前期課程」、高校1年から3年までにあたる期間を「後期課程」としています。原則として、前期課程が修了した後に後期課程に進みます。

英語教育に対して力を入れており、外国籍生徒や帰国枠で入学した生徒も多いため、日常的に英語に触れる機会が多いことがこの学校の特徴です。
数学は1年から4年までオリジナルのカリキュラムであるため、定期テストなどは他の中学・高校と比べて進度や内容が異なり、一般のテスト対策では不十分な場合が多いでしょう。
前期から後期課程へ上がることは保証されていますが、後期課程は一般的な高校生と同じ扱いであり、成績によっては留年の可能性もあります。
また、他の高校と同じく、大学受験において学校推薦型選抜や総合型選抜を希望する場合は、評定を重んじておかなければいけません。
定期試験などでは高得点を取れるように勉強しておきましょう。

東京学芸大学附属国際中学の特長

前期課程では、少人数習熟度別授業が全学年の英語で実施されます。また数学・理科では、自然や社会現象を数学的に捉える数学的探究、環境と生命の科学的探究などが設けられており、生徒の知的好奇心に応える科目となっています。
後期課程では、各学年で科目選択制を設けられており、それぞれの進路に対応します。4年次の英語では、少人数習熟度別授業が行われます。

東京学芸大学附属国際中等教育学校では「国際教養」の授業が設けられており、重視すべき3本の柱として「国際理解」「人間理解」「理数探究」を掲げ、積極的に帰国生や外国籍の生徒を受け入れています。
「国際教養」の前期課程では、外国人講師による少人数習熟度別授業のラーニング・イン・イングリッシュが実施されています。さらに、後期課程では、フランス・ドイツ・スペイン・中国・韓国語などの言語を選択科目としています。
前期・後期課程ともに、すべて英語で授業を行うイマージョン教育が導入されていて、数学・理科・社会でも外国人講師による授業があります。
国際バカロレア認定校(IB)であり、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)にも指定されており、英語のみではなく様々な教科に力を注いでいます。

後期課程では、一般的な「文理分け」はなく、進学希望先に関係なく、ほぼ全ての生徒が同じ学習を進めることになります。そのため、大学受験の準備に対しては自信で積極的に動いていくことが重要です。

東京学芸大学附属国際中学の使用教材について

  • 英語:NEW HORIZON
  • 数学:新しい数学 ※オリジナル
  • 国語:現代の国語
  • 理科:理科の世界
  • 社会:中学生の地理 中学生の歴史 公民ともに生きる

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。
過去問に取りかかれる時期は早く、中3の1学期から解き始めます。

中1から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(S1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧