BLOG

2020年9月練馬区開進第三中学定期テスト結果

もくじ

  1. 「トップエデュ練馬で開進第三中に在籍する生徒の定期テスト結果」
  2. 「トップエデュ練馬の開進第三中学定期テストの成績優秀者」
  3. 「練馬区立開進第三中の中間テストの総評」
  4. 「練馬区立開進第三中定期テスト数学の総評」
  5. 「練馬区立開進第三中定期テスト英語の総評」
  6. 「練馬区立開進第三中期末に向けての対策方法」
  7. 「まとめ」

「トップエデュ練馬で開進第三中に在籍する生徒の定期テスト結果」

トップエデュ練馬で開進第三中に在籍する生徒の定期テスト結果をお知らせします。
全体として、80点以上もしくは前回のテストより20点アップした科目が88%!!でした。
*トップエデュ定期テスト対策コースの生徒がトップエデュで受講もしくは自習管理している科目

「トップエデュ練馬の開進第三中学定期テストの成績優秀者」

トップエデュ練馬の開進第三中学定期テスト結果をお知らせ致します。
特に得点が高かった生徒の成績です。

中1女子 数学 98点
中1女子 英語 98点
中3男子 数学 91点
中3女子 数学 86点

等々・・

よく頑張りました!! 開成高校、筑波大附属駒場高校、筑波大附属高校、お茶の水女子高校、学芸大学附属高校、早稲田高等学院、慶応女子高校、日比谷高校など難関校を目指す生徒はぜひ90点以上をコンスタントに取れるようにしましょう。

また、都立高校を目指す生徒も内申を上げるためにしっかり得点を取れるようにしましょう。特に今回結果が思うように出なかった生徒は復習を中心に学習していきましょう。

「練馬区立開進第三中の中間テストの総評」

中学1年生

中学1年生は今回が初めての定期試験でした。初めての定期試験ということもあり問題はそこまで難しくありませんでした。ただし、試験対策を行わないと得点は取れなかったと思います。
トップエデュ練馬では基本問題から発展問題までどのような問題が出ても良いように対策をしました。

中学2年生・3年生

定期テストの難易度は昨年より少し易しかったと思います。但し今年度は授業数が少なく、生徒にとっては難しく感じたかもしれません。トップエデュでは先取りを行っていたため、十分に復習する時間がありました。
ほとんどの生徒がMYプラン(トップエデュで行っている学習管理表)で日々の学習をしっかり行ってくれたと思います。

「練馬区立開進第三中定期テスト数学の総評」

中学1年生の数学

標準的な問題が多かったです。問題数が多いので、計算ミスをしないように注意が必要です。計算ミスがある場合は演習不足の可能性が高いです。中1からつまずづくと中学数学に苦手意識をもってしまうため、しっかりと復習する必要があります。

中学3年生の数学

基本問題から発展問題まで幅広いレベルの問題が出題されていました。そのため、一人で自宅学習している生徒はどのように対策したらよいか分からなかったかも知れません。高校受験を考えると得点してほしい問題が多くありました。難しく感じる問題もあったようです。

「練馬区立開進第三中定期テスト英語の総評」

中学1年の英語

標準的な問題が出題され、問題も多く出題されていました。記述問題でのスペルミスには注意が必要です。
基本的な問題をしっかり理解し、問題形式に慣れていないと解けない問題もありました。

中学3年生の英語

標準的な問題が出題されていました。学校の授業で取り扱った単語の意味を答えなければいけなかったようで、高校受験に向けて複数の意味を覚えている生徒にとっては戸惑う箇所もあったようです。

練馬区立開進第三中期末に向けての対策方法

トップエデュでは、先取り学習を行っています。

トップエデュ練馬の授業は練馬区立開進第三中学の学習進度より大幅に進めています。そのため定期テスト3週間前からテスト範囲の復習を進める必要があります。定期テストは1週間前からテスト範囲が配られますが、複数の教科の復習や演習を行う事を考えると、1教科当たりに使える時間は本当に少ないと思います。しかし、定期テスト範囲が配られる前ではどこまでが範囲かが分からず計画も立てられないと思います。

トップエデュでは開進第三中の定期テスト範囲予測し、定期テスト3週間前から対策を行っております。

練馬区立開進第三中学の数学はトップエデュの授業で使っている体系数学に加えて、新中学問題集発展編・標準編・演習編を用いて基本から発展まで様々な問題の演習をしておく必要があります。

練馬区立開進第三中学の英語は単語をしっかり覚え、トップエデュの授業で使っている新中学問題集発展編で文法・長文の対策を行います。NEW HORIZONは授業前に解説を行います。単語は学校の授業で扱った意味を確認しておきましょう。

まとめ

トップエデュ練馬の開進第三中での定期テスト結果は80点以上もしくは前回のテストより20点アップした科目が88%でした。開進第三中に通っている大半の生徒は定期テスト対策ができておらず、満足な結果が出ていないようです。トップエデュの生徒は比較的得点が高く、結果が出ていると思います。
トップエデュでは、定期テスト3週間前から先取り学習からテスト対策の授業に切り替えます。
また、生徒ごとの自習カリキュラムを作成し、MYプラン(自習管理)を行います。

今回の結果を見ると、トップエデュの学習方法が成績向上につながっていると言えるでしょう。

ほとんどの生徒が学習計画を立てて勉強していると思いますが、なかなか思うように進まないことが多いのではないでしょうか。目標や自分に合った学習計画を立てること、日々の学習管理を行うこと、学習スケジュールを変更することなどを一人でやるのは難しいと思います。

分からない単元などがあると、どうしても計画がうまくいかなくなると思います。
トップエデュでは、生徒ごとに学習計画を立て、学習管理を行い、わからないことがあればいつでも質問できる環境が整っています。このような環境で勉強することが成績向上への一番の近道だと思います。

練馬区立開進第三中の定期テストの成績を上げたい方は、ぜひトップエデュにお問い合わせください。

 

関連記事一覧

BLOG