BLOG

「中高一貫定期テスト対策コースの2019年度1学期期末テスト結果」

もくじ
1.中高一貫定期テスト対策コースの結果
2.今回の期末テストの総評
3.中高一貫定期テスト数学の総評
4.中高一貫定期テスト英語の総評
5.夏休みにやること

中高一貫定期テスト対策コースの結果

結果:80点以上もしくは前回のテストより20点アップした科目が94%。
中間と同様の成績結果を維持できました。
(中高一貫定期テスト対策コースの生徒がトップエデュで受講もしくは自習管理している科目)

今回の期末テストの総評

トップエデュでは、前回の中間テストと同様に基本事項をしっかり確認した上で、標準から発展まで生徒のレベルに応じた問題演習をくり返し対策しました。
テスト対策としてテスト範囲は比較的短い印象でした。各中高一貫校の中間テストのレベルは
全体として難化している印象です。また、担当の先生も新しくなった授業が多く、授業内容や進度が変わったという声が聞こえました。
問題のレベルや内容が分からずどのように勉強すれば良いか悩んでいる生徒が多かったです。

中高一貫定期テスト数学の総評

トップエデュの生徒からの中間テストの感想を一部抜粋してお知らせします。

数学はトップエデュで先取りし、試験前は青チャートをくり返し解いたことで、数学βは80点を超えました!!(城北高1年)

トップエデュの授業で自分の弱点が見つかり、定期テスト予想問題でやったところがテストに出たので、今までで1番良い点数が取れました!!(城北中3年)

幾何は相似な図形に苦労しましたが、トップエデュの授業で丁寧に教えていただいたおかげで、中間より点数が20点以上上がりました!!(富士見中2年)

前回よりテスト期間が短く、範囲が狭かったですが、トップエデュで先取りをしていたおかげで、繰り返し演習することができました。93点取れたので良かったです。(本郷中3年)

試験対策期間が短かった期末テストでも高得点を取った生徒が多かったです。 

中高一貫定期テスト英語の総評

トップエデュの生徒からの期末テストの感想を一部抜粋してお知らせします。

前回の中間テスト同様、90点を超えました。前回より少し難しくなってきましたが、先取りしていたおかげで、問題なかったです。(学芸大附属中2年)

中間テストの結果が悪くて平均を超えていませんでしたが、トップエデュの授業で文法を基礎から教えてもらったので、前回より+21点取れて平均点を超えることが出来ました!(跡見高校1年)

夏休みにやること

夏休みは学校の課題がたくさん出されると思います。学校の宿題を早めに終わらせないと2学期に向けての先取りができません。1学期トップエデュで受講していない科目の復習や先取りもこの夏に行いましょう。 中3~高2で学校の成績が安定してきている生徒は、夏休み以降大学受験対策に移りましょう。8月の模試は中3生は中学駿台模試、高1・高2生は全統模試を受験すると良いでしょう。

トップエデュの中高一貫定期テスト対策コースでは、前回の定期テストの結果をもとに、生徒の苦手分野を分析し、授業の中で苦手分野をなくすための指導を行います。
また、テストの内容を見れば、各教科の難易度や問題数がわかってきます。それをもとに次のテストの予想問題を作成し、成績アップにつなげます。
目標を立て、そのためには何をどれぐらいやらなければいけないのか、1日何時間勉強しなければいけないのか、徹底的な学習管理を行います。
定期テストの成績を上げたいとお考えの方は、ぜひトップエデュにお問い合わせください。

中高一貫定期テスト対策はこちらから

関連記事一覧

BLOG