対策コース

 

開成高校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても開成高校に合格させます!

開成高 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても開成高に合格させる志望校対策があります。開成高入試問題の対策内容をご案内いたします。

数学の入試傾向と合格対策

開成高校の数学は試験時間50分で大問4題という出題傾向です。(100点満点)

開成高校の数学の重要頻出分野は「小問集合」「関数」「平面図形」「空間図形」が出題されます。

問題の難易度が高く、証明問題と記述問題も出題されているため、高い論理力と記述力が求められます。また、解答時間の割に問題数が多く、解答速度も求められます。

小問集合では、「平方根の計算」「因数分解」「連立方程式」「2次方程式」「数の性質」「場合の数」「図形の証明」といった分野からよく出題されます。

小問集合は比較的簡単な印象がありますが、当然開成高校の小問集合は簡単ではありません。開成高校の小問集合は難易度が高い問題があるだけでなく、出題される分野が幅広いため得点することが難しいです。

しかしながら、小問集合で得点しなければならないため、確実に得点できるように基礎力をつける必要があります。当然ながら苦手分野はなくす必要があります。

開成の関数は1次関数と2次関数の融合問題が出題されることが多いです。まず最初に1次関数と2次関数それぞれの分野の基礎・応用問題を解けるようし、関数の土台を作る必要があります。

その次に難易度の高い問題と過去問を用いて、1次関数と2次関数の融合問題を解く練習をすると良いでしょう。

図形は、三平方の定理、合同・相似などを駆使して解く力、立体図形は適切な箇所を切断して平面として考える力などが必要とされます。空間図形の問題は、時間をかければ解くことは比較的できます。

しかしながら入試本番は、限られた時間で解かなければなりません。対策としては演習量を増やし、解答スピードを上げる練習をしましょう。

英語の入試傾向と合格対策

開成高校の英語は、試験時間50分(リスニング:10分 筆記:40分)、大問6題という出題傾向です。(100点満点)

開成高校の英語は長文読解2題、適語補充2題、書き換え1題、リスニング1題が出題される傾向があります。。

ある年では長文読解が3題出題されるなど傾向は毎年少しずつ変わるので、過去問で確認する必要がります。傾向が変かわった場合、変わったことが分かっていれば、落ち着いて入試本番を向かえることができます。

開成の長文読解の特徴は解答量が少ない割に英文の量が非常に多いことが挙げられます。対策としては、速読力、読解力を上げる必要があります。さらに、英文の難易度も高いので高い単語力、文法力も必要とされるます。

単語帳、熟語帳、長文から語彙を増やし、文法力を高めましょう。英検準2級レベルの読解レベルは習得したほうが良いと思います。

厳選された問題集の英語長文をたくさん読み長文読解対策を行う必要があります。速読力、読解力をつけましょう。開成高校の過去問で演習を繰り返すと問題傾向を掴めます。入試本番で得点できるようにしましょう。

適語補充の特徴として、空欄補充、整序英作文、イディオムに関する問題など、様々な出題形式で出題されることが挙げられます。

長文読解の対策と同様に、まずは単語力・文法力を高めましょう。英単語の派生語や英文の言い換えの対策も行う必要があります。

リスニングの特徴としては、英文の量が多いことが挙げられます。

そのため、リスニングが始まる前に設問に目を通しておく、聞き流すのではなくポイントはメモするなど、「どうすれば得点できるか」を意識したリスニング対策をしっかりとしておきましょう。
そして、開成高校のリスニングは設問が英語で書かれているなど、出題形式が特徴的です、過去問でしっかりと出題傾向を確認しておきましょう。

国語の入試傾向と合格対策

開成高校の国語は、試験時間50分、大問3題という出題傾向です。(100点満点)

開成高校の国語は、論説文、小説文、古文の3題が出題されます。開成高校の国語は、問題数自体はそれほど多くはありません。

読解問題は内容を記述問題が中心で内容を正確に理解しているか、「価値観の否定」を理解できるかがポイントとなります。

「問題集などで読んだ文章の要約をする」など自分の言葉で表現するようにしましょう。そうすることで、簡潔にまとめる力や表現力が上がるのはもちろん、重要な部分を抜き出す力も身につきます。

論説文は正確な内容把握ができているかを問う問題、小説文は登場人物の心情把握ができているかを聞かれる問題が出題されるため、高い読解力が必要とされます。「普段から本を読む」「問題集で多くの問題をこなす」など読解力を上げるようにしましょう。

また長文に慣れることで、読解力が上がるだけでなく、文章の読解速度が上がり時間に余裕が生まれます。。余った時間で見直しができれば、ケアレスミスを防ぐことができます。

古文は、文章量は多くはありませんが、古文は正確な内容理解をしているかを問う問題となっているため、設問の難易度は高い傾向にあります。

まずは、古語や古典文法を覚えるなど基本的な古文知識を身につけましょう。その上で、問題集や過去問を用いて、読解力を上げるようにしましょう。

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

対応校一覧

お問い合わせ

0120-29-3759
【受付時間】平日:14:00~21:00(日・祝日を除く)/土曜日:13:00~21:00