高校受験コース

 

中学生のための
最難関高校合格コース

早稲田大学高等学院に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても東京学芸大附属高校に合格させます!

高校の特徴

東京都練馬区上石神井に所在する私立の男子校で、1920年(大正9年)に旧制早稲田大学早稲田高等学院が設置され、1949年(昭和24年)に新制早稲田大学早稲田高等学院が開校となりました。1950年(昭和25年)に早稲田大学高等学院と改称され、1956年(昭和31年)に上石神井に移転しました。2010年(平成22年)から中学部も開設されています。
高・大一貫教育のもとに、健康と知性の育成、豊かな人間形成を目指しています。将来、早稲田大学へ進学し、深く専門の学芸を研究するために必要な資質としての知的好奇心が求められており、そのために独自の教育課程を編成しています。また、早稲田大学直属の附属校のため、大学学部と同等の位置付けとされています。
1学年の生徒数は約500名(約75%が高入生)。将来に向けて生徒自身が学問に対する探究意欲を持ち、自己の適性や興味を考えながら深く幅広い学力を身につけることができるように、2年次からゆるやかな文・理コース制を導入し、選択科目を設置しています。また、第二外国語を選択必修科目としており、「ドイツ語・フランス語・ロシア語・中国語」から1つの言語を入学時に選択し、3年間その言語を学びます。さらに、コンピューターによる情報教育も徹底しています。
進路に関しては、早稲田大学の附属校のため、100%早稲田大学に進学できます。

英語対策

試験時間50分で、例年、2500語程度の長文が2題出題されていました。ただ、2021年度は、2018年度同様、長文2題の前に、文法の独立問題が出題される形となりました。
文法問題はⅠ空所選択補充、Ⅱ英作空所補充、Ⅲ正誤判定で、2018年度Ⅱの英作整序以外、ほぼ同様の形式でした。長文問題はノンフィクションやエッセーがよく出題され、語注のほとんどない英文を読みながら、空所補充・英文解釈・書き換え空所補充・内容真偽・整序・語形変化・アクセント・要約文空所補充・英問英答といった様々な設問を、短時間で処理していくことになります。
対策としては、熟語を含む語彙力はしっかりと身につけた上で、書き換えや整序、正誤問題など、総合形式の文法演習をしっかり行っておく必要があります。その上で数多くの長文に触れ、速読・速解力を実戦形式で養っていきましょう。

数学対策

本校の数学は、試験時間50分、大問4題、小問にすると15問前後の出題で、記述式解答の入試となります。
他の早慶附属校の入試問題よりも全体的に問題の難易度が高めです。出題内容としては、整数問題や場合の数・確率の問題がよく出題されていますので、しっかりと対策をしておく必要があります。関数の問題では図がない問題がよく出題されていますから、ふだんから自分で正確な図を書けるように訓練しておきましょう。
またどの大問も最初に取り組みやすい問題から始まっていますので、各大問の前半部分を確実に得点し、後半部分は自分が得意としている分野や見たことがある問題、典型的な問題から処理していくとよいでしょう。

国語対策

読解問題のいわゆる「抜き出し問題」に関しては、細部の抜き出しというよりも全体の趣旨を把握できているかどうかという観点から出題されています。従って全体の趣旨を把握するためにも、ふだん使っている過去問集で論説文を解き終えたあと、必ず本文の要約をするようにしてください。
古文は年を重ねるごとに難しくなっています。現代語訳はもちろん、主語を答える問題、掛詞、指示内容、内容一致とバリエーションに富んだ出題です。本校の過去問はもちろんですが、どんな問題集でもいいので古文の問題をねばり強く解いてください。解く際には必ず「誰が」という主語の部分やわからない古文単語の意味について、わからない部分を前後の内容から推測するようにしましょう。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。
過去問に取りかかれる時期は早く、中3の1学期から解き始めます。

中1から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(S1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧

埼玉トップエデュ