対策コース

 

早稲田高等学院高校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても早稲田高等学院高校に合格させます!

早稲田高等学院高校 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても早稲田高等学院高に合格させる志望校対策があります。早稲田高等学院高入試問題の対策内容をご案内致します。

数学の入試傾向と合格対策

特殊単元に対応する

高校受験には、教科書だけでは対応しにくい単元が、登場する。 例えば、【大問2】には関数と図形の融合問題が、【大問3】には直角三角形の発見が、【大問4】には数の性質が、それぞれ登場している。

このような単元は、学校の定期テストの得点ではなく、難易度の高い模試の得点を参考にしよう。模試の得点から、学習すべき単元を絞りこめる。

教材については、単元ごとにまとめられた教材もあるが、市販のものだけでは対応できない場合もある。もし不安があれば、家庭教師に相談し、自分に合った教材を推薦してもらうといいだろう。

解法にこだわる

演習において、ただ正解であることに、満足してはいけない。正解か不正解かではなく、どのような解法を選んだのか、その過程にこだわりを持ちたい。

例えば、【大問4】は選んだ解法によって、解答時間が変わってくる。また【大問1】の(2)と(3)は、計算の技術そのものが問われている。

洗練された解法は、計算の手順が省略できるだけではなく、単純なミスを減らすことにもつながる。結果として、全体の得点の安定に貢献する。

教材については、別解が豊富に紹介されている参考書や、計算の技術がたくさん紹介されている問題集を選ぼう。何度も解きなおすことで、解法に精通することができる。

思考力の育成

数学の思考力は、質の高い演習によって、成長する。演習にさいして、気をつけたいのは2点になる。

1つめは、類題を多く解くことだ。
生徒が、公式をただ暗記して、解答しているかどうか、試す方法がある。設問の問い方を変えたり、文字や数字を変えたりしてみて、正答率が変わるかどうかで、判断できる。

正答率が変わる生徒は、公式を丸暗記し、設問に機械的に反応しているだけであって、自ら思考していない可能性がある。正答率が変わらない生徒は、自ら思考して、正答までたどりついている。

生徒同士には、明らかに思考力の差があるが、その原因としては、類題の演習量がある。教材として、類題がたくさん収録されている、厚めの問題集に挑戦し、思考力を鍛えていこう。

2つめは、はじめて見た設問を、じっくりと考える習慣をつけることだ。
わからなくとも、すぐに解答を見たりせずに、ある程度の時間を定めて、悪戦苦闘する経験が大事になる。そのような経験にふさわしい教材は、各種の過去問になる。早大学院はもちろんのこと、他校の過去問も積極的に教材として活用し、上質な演習をしていこう。

英語の入試傾向と合格対策

語彙力は英検準2級を目標にする

語彙力(単語・熟語・アクセント・発音など)は、中学3年生の夏終わりまでに、英検の準2級の水準に達しておきたい。

そのためには、中学生の早い時期から、受験から逆算したスケジュールを組もう。例えば、中学1年生の冬から始めるのであれば、中2の夏に4級を、中2の冬に3級を、そして中3の夏に準2級という順番で、語彙力を高めていこう。大事なのは、計画的に学習を進めていくことであり、反対に、してはいけないのは、短期間で無理に語彙力を上げようとすることだ。

この点で、家庭教師が役に立てるのは、意志の弱い生徒や、計画性のない生徒に対してだろう。どの生徒も、語彙力を高めなければいけないと、頭では、理解している。しかし、理解していながら、行動に移しているのは、3割にも満たない。中学生という年齢は、誰かの後押しがないと、学習しにくい年頃なのかもしれない。すでに大人になった先生の目からは、そう見える。
生徒と一緒になって、毎回の授業での小テストや、宿題を細かく設定していけば、語彙力は必ず上がる。受験にむけて、早めに動き出そうとしている生徒は、ぜひ、声をかけて欲しい。

文法書は2冊仕上げる

文法力については、同じ難易度の教材を、2冊用意しよう。
1冊めは、受験に必要な文法の単元を演習するための教材で、中学3年生の7月までに仕上げたい。
2冊めは、模試や過去問で間違えた単元を演習するための教材で、中学3年生の12月までに仕上げたい。

同じ文法の範囲を、異なる教材で演習することで、受験に必要な対応力が身につく。知識の暗記はもちろん重要だが、知識の暗記だけでは、問われ方が変わると、間違えてしまう。

例えば、早大学院の志望者は、【大問A】で、満点を取れるようになっておきたい。そのためには、ただ熟語・構文・文型を丸暗記するのではなく、さまざまな角度から演習しておく必要がある。

英語文化の教養も学ぶ

英語文化の教養があれば、長文が読解しやすくなる。

例えば、早大学院では【大問B】が狩猟という文化を扱っている。どのように狩猟が行われているのか、あらかじめ予備知識があった方が、読解には有利だろう。ちなみに、前年は、英国の競馬のサラブレッドの伝統も出題されている。

このように、背景となる文化教養を知っていることは、武器になる。英語文化の教養を積極的に学んでいきたい。読解力と教養を、同時に学べる教材は、数多くある。学習時間に余裕がある生徒は、家庭教師におすすめを紹介してもらうといいだろう。

国語の入試傾向と合格対策

読解力

早大学院は、受験科目としては問われないものの、理科・社会分野の教養があったほうが、読解に有利だ。したがって、これらの分野の入門書を、読書に選んでおくとよいだろう。「投資」「理性」「世論」などの言葉を読んで、仕組みが説明できるようになっておきたいい。

また、最近では「読書が大事とわかってはいるが、どの本を選んでいいのかわからない」という家庭が増えてきた。書籍の販売点数が増し、かつ書籍が消費財として扱われるようになったからだろう。そのような状況に対応するために、毎年、担当した生徒には、ブックリスト(受験までに読んでおくべき本の一覧)を提供している。早めに声をかけてもらえれば、生徒の読解力を計画的に育てていくことができる。

言い換えを整理する

長文をただ読み進めるのではなく、筆者が言い換えをしている部分があったら、線を引いて、整理する習慣をつけよう。そうすると、設問に対応しやすくなり、読解力が上がる。

例えば、【大問2】の(6)が正答できなかった生徒は、傍線部があれば、その前後に、言い換えがないか、探す練習をしてみよう。

速読を身につける

試験には、制限時間がある。早大学院くらい文量が多くなってくると、速読ができるかできないかで、全体の得点に影響を与える。

速読を身に着けるためには、まずはひとつひとつの言葉の意味を、厳密にとらえよう。
多くの生徒は、文章でわからない言葉に出会うと、前後の文章から推測して、それなりに納得しようとする。そして、試験が終わると、わからなかった単語はそのままにしてしまう。これはもったいない。言葉を調べる習慣を、しっかりと確立しておこう。

古文対策

古文は、残念ながら、軽視されがちな分野だ。本腰を入れて勉強するまでもないと、思われているのかもしれない。しばしば、「勘やセンス」によって「なんとなく解いている」生徒に出会う。もちろん、1回2回の成績を見れば、偶然に良い時もあるのだが、古文の得点が不安定になりがちだ。受験という視点で見れば、やはり、単語や文法をしっかりと覚えて、得点を安定させてほしい。

例えば、【大問3】の(6)の「え斬らぬなり」は、助動詞が読解の助けとなっている。「え」は呼応の副助詞であり、文末に否定の表現を伴うことが決まっている。なんとなく訳すのではなく、しっかりと文法的な根拠をしめして、解答したい。

きちんと対策をしておけば、古文は安定した得点源になる。もし学校で受験対策の古文が実施されていないのであれば、家庭教師に依頼して、古文講座を作ってもらおう。期間は3か月あれば大丈夫だ。

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

対応校一覧

お問い合わせ

0120-29-3759
【受付時間】平日:14:00~21:00(日・祝日を除く)/土曜日:13:00~21:00