対策コース

 

中央大学付属高校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても中央大学附属高校に合格させます!

中央大学附属高校 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても中央大学附属高に合格させる志望校対策があります。中央大学附属高入試問題の対策内容をご案内致します。

中央大学附属高校の国語の説明文の対策

設問は「選択肢」「抜き出し」「空所補充」などがある。文章は難解で量も多いが設問はそこまで難しくはない。従って文章を「理解できるかどうか」にかかっている。まずは大学入試レベルの語彙力を身につける。大学入試の論説文で使用される語句を理解することがスタートである。

文章も多い。約1万5千字を60分で解かなくてはならない。そのため速読が求められる。しかし早く読めば良いわけではなく、理解しながら結論、論旨に向かって読み進めなくてはならない。

小説や随筆に関しては場面分けと登場人物、心情把握を行えるようにする。一定の語彙力があればそこまで理解しにくい文章は出ない。

漢字は知識は必ず解けるようにする必要がある。

 

国語の入試傾向と合格対策

文章は長く内容も高度である。設問も多く例年各大問に12問前後ある。

解答形式は漢字と抜き出しが1~2問でそれ以外は選択である。

文章が長く時間との戦いのため取れる問題から確実に取るほうが良い。高得点勝負にはなるがミスを防ぎ、時間がかかって得点しにくい問題は後回しにするなど工夫が必要である。

中央大学附属高校の数学の入試傾向と合格対策

中央大学附属高校の数学は標準的な問題を多く出題されている。一部難易度の高い問題も出題されている。

標準レベルの問題はどの分野でも解けるようにしなくてはらない。昨今合格者最低点が上がっているためケアレスミスは許されない。苦手分野があるとかなり厳しい。

中央大学附属高校の数学の出題傾向

小問集合は6~10問で関数と図形はほぼ毎年出題される。
計算力を要する問題が出題され、方程式の応用や数の性質も工夫されている。

中央大学附属高校の英語の入試傾向と合格対策

中央大学附属高校の英語の対策は以下のようにまとめられる。

(1) リスニング
リスニング問題は標準的な問題が出題される。中央大学附属高校の難易度は年々難化しており、全体の難易度から考えると確実に得点したい分野である。
英検3級・準2級レベルや類似過去問を繰り返し行うことで十分解くことは可能である。

(2) 長文読解
文章自体は標準的なレベルである。しかし短時間で読み切らななくてはならなくてはならないため、速読力が必要である。
また、設問も多く内容把握の問題もあるため正確かつ丁寧に読む力が必要である。

(3) 文法・誤文訂正
基本的な文法を対策すれば完答は可能である。文法は早く確実に解く力を身につけ読解に時間を充てたい。

(4) 語句整序
整序は句や節のかたまりや構文、イディオムに当てはめるように英文の骨組みを組み上げるように作る。

(5) 条件英作文
基本的な文法とイディオムがわかっていれば解くことができる。出題形式は様々なので過去問を参考に傾向になれる必要がある。

中央大学附属高校の英語の出題傾向

長文は長いが完結した内容で極端に難しくはないが興味深く読める文章である。
単語や文法知識、内容理解など多岐にわたる設問が出題される。

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

対応校一覧

お問い合わせ

0120-29-3759
【受付時間】平日:14:00~21:00(日・祝日を除く)/土曜日:13:00~21:00