中学受験コース

 

富士見中に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても富士見中に合格させます!

富士見中 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても富士見中に合格させる志望校対策があります。富士見中入試問題の対策内容をご案内いたします。

算数の入試傾向と合格対策

算数の問題は2パターン

富士見の算数は「基本問題」と「一見難しいけれど、実はそれほど難しくない問題」の2パターンに分かれます。「基本問題」での計算ミス等は避けたいところです。「一見難しい問題」が解答できると、大きく差をつけられます。

富士見中学算数の対策すべき内容

富士見中の算数は、試験時間50分、大問4題で100点満点という出題形式です。
富士見中の算数は、大問1が計算問題と一行問題、大問2?大問4が応用問題となっています。計算問題・一行問題は、四則計算、特殊算、割合、図形、食塩水の濃度など様々な問題が出題されますが、難易度は比較的易しいです。応用問題では、速度、割合と比、食塩水の濃度などが出題されます。また、図形の問題が多く出題される傾向があります。特に、角度、長さ、面積、体積を求めさせる問題が頻出です。算数の合格者平均は高得点になる事が多いため、ケアレスミスが合否に大きく影響します。ケアレスミスを減らすためにも、基礎的な問題演習を繰り返して基礎力をつけ、さらに過去問演習を積み問題傾向や出題形式に慣れるようにしておきましょう。

国語の入試傾向と合格対策

国語は記述勝負

富士見の国語は、選択問題・書き抜き問題は基礎が中心です。国語で点差が開くのは記述問題(20~60字・字数制限あり)です。要点を正確に把握しし、記述する力が必要です。

富士見中学国語の対策すべき内容

富士見中の国語は、試験時間50分、大問2題で100点満点という出題形式です。
富士見中の国語は、物語文、説明文、随筆文から2題出題されます。漢字、熟語、慣用句、ことわざなどの知識問題は読解問題の小問として出題されます。解答形式は、記号選択・書き抜きが中心で、20?60字程度の記述問題も出題されます。難易度はさほど高くありませんが、記述問題では登場人物の把握・心情理解、論旨や主題の把握などといった基本的な問題から、要点をおさえて簡潔に書くといった特徴的な問題も出題されます。基本的な問題で練習を積み読解力を上げ、過去問演習を通じて問題傾向や出題形式に慣れるようにしておきましょう。

理科の入試傾向と合格対策

理科はパターンが決まっている

富士見の理科は、各分野1題ずつの計4題構成。試験時間40分の中で、各分野で実験観察問題・計算問題が出題されています。生物分野は実験、物理・化学では計算問題が出題されています。類題演習に力を入れることで合格点以上は取りやすくなる試験です。

富士見中学理科の対策すべき内容

富士見中の理科は、試験時間40分、大問4題で60点満点という出題形式です。
富士見中の理科は、物理・化学・生物・地学から各1題の計4題出題されます。解答形式は、記号選択と計算を含む適語補充がほとんどですが、作図問題や簡単な記述問題も出題されます。物理分野でやや難しい計算問題が出題されますが、ほとんどが基礎的な問題です。そのため理科の合格者平均が7割程度となっており、ケアレスミスが合否に大きく影響します。ケアレスミスを防ぐためにも時間配分などの対策を練っておきましょう。

社会の入試傾向と合格対策

富士見中学社会の対策すべき内容

富士見中の社会は、試験時間40分、大問2題で60点満点という出題形式です。
富士見中の社会は、総合問題となっており、地理・歴史・公民からまんべんなく出題されます。解答形式は、記号選択と適語補充がほとんどですが、簡単な記述問題も出題されます。地理分野では、日本地図から位置を答えさせる問題、輸出入・工業地帯に関する問題が頻出です。歴史分野では、各時代からまんべんなく出題されますが、毎年写真資料を使った問題が出題されているため、資料集などを日頃から見る習慣をつけておく必要があります。公民分野では、時事問題、環境問題に関する問題が頻出です。また、社会の合格者平均が4割程度となっており、高いとは言えません。高得点を取るためには、表やグラフの読み取り、グラフの作成が重要となってきます。周りの受験生と差をつけるためにも基礎的な問題演習を繰り返して基礎力をつけ、さらに過去問演習を積み問題傾向や出題形式に慣れるようにしておきましょう。

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

コース別 対応校一覧

中学受験コース

学校成績コース

お問い合わせ

0120-29-3759
【受付時間】平日:14:00~21:00(日・祝日を除く)/土曜日:13:00~21:00