高校受験コース

 

中学生のための
最難関高校合格コース

法政大学国際高等学校に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても法政大学国際高等学校に合格させます!

英語

(1)読解問題

法政大国際の英語の読解問題で問われるのは、ほぼすべてが内容把握であるため、いかに早く正確に読めるか、そして解答に必要なだけの内容理解ができるかがポイントとなる。普段の勉強で、精読と速読を分けて、それぞれ意識したトレーニングをすることが大事だ。
まず精読では、英文構造をある程度正確につかめるようにするため、詳しい解説がある問題集を用いたい。むろん、テスト本番では全文を構造分析しながら読むのは時間的に不可能だ。しかし、立ち止まって丁寧に訳さなければ訳がつかみにくい部分は必ずあり、その部分こそが英語力の有無を試すことが出来るため、設問に絡みやすい。
したがって、どのような英文であっても意識さえすれば構造を解釈出来る力を身につけなくてはならない。
一通りの文法事項学習を早急に終わらせ、「英文法は英文を読むためのツール」として捉え直そう。
次に速読に関してだが、やはり前から句・節ごとに訳し下していく練習が必要になる。きれいな日本語に訳そうとすると、一度英文を最後まで読んで後ろから訳を作ることになり、結果的に一文を二度読むことになってしまう。それでは試験中に時間がなくなってしまうため、一度で訳せるようにしたい。
そこで、音読学習が効果的だ。声に出して読む場合、前から内容を取らざるを得ないため、速読練習として申し分ない。
もっとも、前から訳を読み下す力だけでは内容把握がおろそかになってしまうおそれがあるので、文と文、パラグラフとパラグラフの内容のつながりを常に意識した読み取りの練習も早い段階から積む必要があるだろう。
また、今年2021年は出題されなかったものの、法政大国際の4技能試験では図表やイラストの読み取りが頻出する。今後も出題の可能性は十分にあるため、こうした問題にもしっかり慣れておく必要がある。類似の過去問や検定試験の素材を用いて練習しておこう。

(2)リスニング問題

リスニングには英検準2級程度の問題を用いてトレーニングしておきたい。
また、先述した音読学習はリスニングスキルの向上にも非常に役立つため、日頃の勉強に取り入れよう。
その上で設問の先読みなどスキル的な面の向上に努めればよい。

(3)対話文完成

それほどレベルの高い対話文が出題されるわけではないが、会話においては用いられる英文がシンプルな分、不要な読み込みをして内容を取り違えてしまう場合が多くある。
類似の過去問などを利用して別途トレーニングしておくとよい。

(4)語句整序

語句の整除は、文法・構文的な理解があるだけでは時間がかかりすぎて他にしわ寄せがいってしまう設問の典型である。そのため、しっかりと処理手順を身につけたい。英文の基本構造からの組み上げ方など、アプローチの仕方を意識しながら日々学習しよう。

(5)自由英作文

テーマがある英作文では英文エッセイの基本的な書き方、展開の仕方をテンプレートとしておさえておくと、本番ではテーマに沿う内容だけを考えればいいため、効率が上がる。書かなくてはならない英文も増加の傾向にあるので、英作文はしっかりと時間をかけて取り組む必要がある。英検2級の過去問や問題集などを使って、このスキルを高めよう。

国語

解法

「選択肢」「抜き出し」「空所補充」、その他の問題も含め、法政大国際の国語を制するためには、「解法」をいかにうまく使うかが重要になってくる。解き方が安定していなければ、得点力は上げられない。論説文(説明文)と小説・随筆、それぞれに応じた独自の解法と、全ての問題に対応できる「解法」、それらを体系的に理解して定着させ、応用できるように目指そう。
ここで肝心なのは、復習のやり方だ。答え合わせをし、解説を読んで納得をしたその後に、納得した「考え方のプロセス」を「トレース」しよう。もしもトレースできなかったのなら、それは解説が自分の中で定まっていない証拠だ。
そこで間違ってしまった問題は決してダメな部分ではなく、自分の伸びしろのヒントが多くある部分である。トレースしたはずの「考え方のプロセス」のどこが違ったのか、その点をしっかりと探し出し、頭に刻み込んでおく。それが、同じ間違いを繰り返さないようになるために重要なコツだ。
そして練習問題を数多くこなす中で、同種の設問に共通する「解法」をおさえていきたい。そうして理解、習得したものを書き留めた自分自身の「解法ノート」を作成しておくと、解き方に迷った時にそれを確認でき、それぞれの問題に応用できるようになる。これを繰り返せば、やがて自然と「解法」を用いて解くくせがつくはずだ。

速読

法政大国際の国語では、大学入試、あるいはそれを超える文字数の問題文が出題される。全体で9000字程度、解答時間は50分なので当然、そこには「速読」が求められているが、ここで必要なのは設問を解くための読み方だ。つまり単純な「速読術」では対応できない。文章に対応した「速読」のコツを習得しよう。
論説文(説明文)であれば「Nの法則」。意味段落の「序論」と「結論」は「論旨」が述べられているため確実に内容をつかみ、「本論」は段落の相互関係に着目しながら「各形式段落」の「最初」と「最後」を軸に読み進める。
小説・随筆は、「場面分け」をしながら新たな「登場人物」は押さえつつ、人物の「心情表現」を拾いながら素早く読んでいこう。これら読み方のコツをつかむには、とにかく多くの過去問の文章を読んで数をこなす以外ない。
法政大国際に限らず、他の学校の入試問題も読んで練習しよう。ここで目指したい目標は分速700字以上(できれば750字近く)で読むことだ。

知識

法政大国際の国語では、高度な語彙力だけではなく、文法や国語常識も含めた多種多様な「総合的知識」が必要だ。それらは直接出題だけではなく、本文読解等でも必然的に問われる。これにはいかなる「攻略法」があるのか?
「国語的知識」は幼少期からの蓄積がものを言う。だから受験を目の前にした段階では手遅れと考えてしまいがちだ。そうした側面を否定はできないものの、今からでもできることはもちろんある。必要なのは、「己が実力」を悟ることだ。ここで「己が」=「おのが」が読めなければ事態を深刻に受け止めよう。
そこでまずは、最低でも5年分以上の過去問を解いてみて、正答率を算出してみるといい。もし正答率が5割未満ならば「中学入試レベル」から、学習し直そう。ただ中学入試といってもあなどることはできない。上位校では「高校入試」どころか「大学入試」のレベルに達する学校もあるため、十分レベルは高い。もちろん正答率が5割を超えていても、気は抜かずに地道な努力を積み重ねよう。
さらに、直接出題されることもある「口語文法」や「問題文理解」も不可欠な要素だ。特に問題文理解において、文節の相互関係や付属語の意味・用法は確実に定着させておくことが重要となる。
なお、「知識」強化用のテキストは、「高校入試 でる順ターゲット 中学漢字・語句・文法1500」(旺文社)など、「中学入試レベル」からの再スタートの場合は、「四谷大塚」の「四科のまとめ『国語』」(HPから購入可能)などがオススメだ。

数学

法政大国際の数学は、標準~やや高い難易度の問題が中心だ。大問では簡単な基礎問題から始まり、徐々に難易度が上がる場合が多く、生徒の実力がはっきり測れるような問題になっている。
数学が苦手な場合、まず基礎問題を中心に学習し、取れる問題は確実に得点できるようにしておきたい。大問の出題分野には偏りがあるものの、序盤に出題される計算や一行問題を取りこぼさないために、全分野それぞれ土台をしっかり固めておくことが重要である。また、法政大国際では計算力も要されるので、日常的に計算練習をする習慣をつけておくことが効果的だ。
一方で数学が得意な受験生は、他の受験生と差をつけることができる問題形式となっているので、チャンスととらえよう。標準レベルの内容をきちんと完成させたうえで、やや難レベルの問題演習も行うことがおすすめだ。また単に答えを求めるだけでなく、別解も考えてどのような解法が効率的か普段から模索しておくと、柔軟な対応力を培うことができるだろう。

関数の対策

関数は、典型的な問題が大問で必ず出題されている。数学が苦手な受験生は、この問題だけでも必ず解けるように備えておこう。一般的な私立高校向け問題集の標準レベルで十分練習できるので、準備さえすれば関数で大きな差はつけられることはない。
また、法政大国際の関数問題は、過去問と似たものが少なくないため、過去問には丁寧に取り組もう。

平面図形の対策

法政大国際では、平面図形問題は毎年出題されている。経験による差が出やすい分野なので、多くの問題に触れておくことが最も効果が高い。これには、図形の基本的な性質の理解、それに加えてポイントとなる部分を見つける力が必要だ。多くの問題をこなすうえでこのポイントを意識しよう。法政大国際で出題される問題の比率なども考えると、平面図形は特に力を入れて学習しなければならない。

立体図形の対策

立体図形を苦手とする受験生は多いだろう。しかし法政大国際で出題されるものは、長さ・面積・体積などを具体的に求める問題が多く、見た目よりは解きやすい問題が多いので、あまり恐れる必要はない。まずは、強い苦手意識を持たないようにすることを目指そう。簡単な問題で数をこなし、立体図形に慣れることから始めることがおすすめだ。すると、答えを求めるのに必要な知識はそれほど多くないことに気づけるだろう。立体図形は標準問題を正解できるようになれば、最低限のレベルに達したと言っていい。
応用問題に対応できるようにするためには、実際に取り組むことが一番の対策だ。立体図形に強くなると、他の受験生に差をつけやすくなるので、数学に苦手意識のない受験生は積極的に学習しておこう。

速習型のカリキュラム

トップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。
過去問に取りかかれる時期は早く、中3の1学期から解き始めます。

中1から学習を始めるときの指導カリュキュラム例(S1)

オリジナル学力単元テストを行うことで
学力チェックと定着を図ります

単元ごと、コースごとに学力チェックを行います。結果は保護者にもフィードバックします。
学力チェックの結果をもとにカリュキュラムを加筆修正していきます。

個別指導ならではのMYプラン

毎日の学習状況と定着を絶えずチェックし、毎日の学習を管理します。必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「MYプラン」で成果を確かめながら進みます。日々の学習状況をLINEで管理します。毎月日々の学習管理表となるMYプランをお渡します。

授業以外で質問できます
他教科の分からないところも解消できます

分からないところや、指導教科以外の質問もできます。
教室内やLINEで質問をお答えします。

完全1対1個別指導だからできる
生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。
生徒の性格を9つのタイプ分け、タイプごとにやる気を引き出す授業を行います。

「やる気」カウンセリングで
「やる気」と「自信」を引き出します

教室長と日々の学習サポートができる「やる気」カウンセリングを行います。
一緒に勉強する仲間も必要。ライバルより仲間。トップエデュの「やる気」カウンセリングとはいい意味で「仲間」です。
目的は一緒。一緒に進んでいく仲間。時には厳しく、結果を分かち合います。
本音で語り合います。本人も気づかない「成功体験」を積み重ねることで「やる気」と「自信」を引き出します。

対応校一覧

埼玉トップエデュ