Topedu 完全1対1個別指導塾・学習塾

浦和校へのお問い合わせ

アクセス

2017.09.11

浦和校中2理科の授業が始まりました[植物]

先週の金曜日から中2理科の授業が始まりました。

 

トップエデュ浦和の理科の授業は中2の9月に開講し中3の7月までに3学年の教科書内容の単元学習を行います。9月の「植物の世界」から始めて冬期講習の「大地の変化」までで中1教科書内容の復習を終えます。1月の「動物の世界」から春期講習の「天気とその変化」までで中2教科書内容を終わり中学校で学習済みの内容の復習が終了します。4月からは中学校に先行して中3教科書内容に入り「運動とエネルギー」から始めて7月の「天体」までで3学年の教科書内容の学習が終了します。この後、夏期講習で公立レベルの入試問題演習、9月・10月で国私立の標準的な問題演習、11月・12月でハイレベルな問題演習とトレーニングを積み、志望校の過去問演習と併せて入試本番に向けた仕上げにかかっていきます。

 

初回の授業の感想としては、教科書の大まかな知識はまず合格点としましょう。ただ、最近の中学生一般に言えることなのでしょうか、問題の選択肢に出てくる植物を実はよく知らない生徒が多いのが気にかかりました。たとえば、双子葉類と単子葉類の根、葉の違いは知っているのにチューリップがどちらかわからない。聞いてみるとチューリップの花は知っているが葉がどんなだったか覚えていない(シュッとしてたでしょ、平行脈だから単子葉類です)、水栽培で育てたことはあるのに根がどんなだったか覚えていない(もじゃもじゃしてたでしょ、ひげ根だから単子葉類です)なんて生徒もいました。興味がないのか、観察力が足りないのかいささか心配になりました。おそらく他の分野でも同様のことが起こりそうです。今から急に興味を持てとか観察しろとか言っても時間がかかりますので、これからは知らないものが出てきたら電子辞書やネットなどで調べるくらいはしてほしいと思います。

pagetop